このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2017年04月14日

高城泰FX
ガチンコFXの人気コンテンツFXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!が羊飼いに移植!
毎週金曜日にお届けします!!



今週も先週に引き続き、豊嶋久道さんについてです。

豊嶋久道さん(その1)EAの第一人者は大学教授
豊嶋久道さん(その2)6年前から運用する主力EA
豊嶋久道さん(その3)負けトレードをカットする
豊嶋久道さん(その4)MT5でバックテストする理由

MT3から一変したMQLランゲージ

豊嶋さんが今利用しているメタトレーダー4(MT4)が登場するのは2005年。豊嶋さんが自動売買ツールを試したころはまだメタトレーダー3(MT3)だったという。

「MT4の登場には驚きました。プログラミング言語が一変していたからです。MT3も少しさわったことがあるのですが、そのプログラミング言語であるMQL2は当時の欧米で主流だった『EasyLanguage』に近い印象でした。それがMT4ではC言語に近いものへと大幅に変更されていました」

ちなみにマネックス証券が株式取引用ツールとして提供する「トレードステーション」のプログラミング言語がEasyLanguageだ。

ポイントは「EAをたくさん作ること」

「最初はMT4も不安定なところがありましたし、日本で対応するFX会社もなかった。MT4で本格的に自動売買を始めたのは2009年ころだったでしょうか。それまでは海外の自動売買ツールなどを使って取引していましたが、トータルの損益はマイナス。授業料を払っていました(笑)」

豊嶋さんがマイナスだったとは驚きだが、日本でもMT4を採用する会社が増え、動作も安定してくると、徐々に収益も改善してきた。

「めざすのは年単位でマイナスにならないこと。この5年ほどはそれを達成できています。要因は自分自身が経験を積んだことでしょうか。自動売買では、たくさん作ることも大切です。多く作れば経験も蓄積されてくる。私ですか?細かいプログラムも入れれば100以上は製作してきたと思います」

長期足に順張りして短期足でエントリーするEA

豊嶋さんは今、どんなEAで運用しているのだろうか。

「基本的にはひとつのEAだけです。複数のEAでポートフォリオを組んでもよいのでしょうが、今は1本だけ。ただ、同じEAでパラメータやタイムフレームを変えています。半年、1年程度で相場と合わなくなり稼げなくなるEAも多いのですが、今運用しているEAは2011年にまわし始めてから今まで息長く稼いでくれている。自分でも意外に感じています。いつ稼げなくなるだろうとヒヤヒヤもしていますが(笑)」

移動平均線とボリンジャーバンドを活用

2011年から現在まで6年以上、豊嶋さんの主力であり続けているEA。どんな発想で作られたEAなのだろうか。

「考え方としては、『順張りの逆張り』。長い足の方向に順張りするように、短い足でタイミングを見てエントリーしていきます」

日足の流れが上ならば、エントリーは買いとなる。ただし、エントリーのタイミングは15分足程度の短い足を見て逆張り的に下げたところを待って買っていく。

「タイムフレームはバックテストしながら変えていますが、日足など移動平均線で大きな流れを見て15分足程度の短い足のボリンジャーバンドでエントリーする、というのが基本です」

豊嶋久道さんチャート
※クリックで拡大します

豊嶋久道さん(その3)へ続く。

豊嶋久道のコラムは全4回となっています。
豊嶋久道さん(その1)EAの第一人者は大学教授はコチラ!
豊嶋久道さん(その2)6年前から運用する主力EAはコチラ!
豊嶋久道さん(その3)負けトレードをカットするはコチラ!
豊嶋久道さん(その4)MT5でバックテストする理由はコチラ!

【プロフィール】
豊嶋久道さん
1965年山口県生まれ。1993年慶應義塾大学大学院博士課程修了。工学博士。大学生のころからプログラミングに親しみ、シェアウェアなどを作成、公開していた。2003年よりFX取引を始め、MT4による自動売買を手がける。自動売買プログラムの解説書を多数出版するなど、日本を代表する自動売買の論客として活躍。近著に『新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング』『新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門』(ともにKindle版)

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

  • トレイダーズ証券[LIGHT FX](無期限、08:00~29:00)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • マネックス証券[FX PLUS](無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.3銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • トレイダーズ証券[みんなのFX](無期限、08:00~29:00)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • 外為どっとコム(無期限、例外あり)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭、豪ドル円:原則固定0.7銭

  • GMOクリック証券(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭

  • ヒロセ通商[LION FX](無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭

  • JFX(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭

  • マネーパートナーズ[パートナーズFX](無期限、8:00~28:00)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭、NZドル円:原則固定1.0銭(11/30まで、10:00~26:00)

  • FXトレードフィナンシャル[1000通貨コース/FXTFMT4](11/30まで)■ドル円:原則固定0.3銭(無期限)、ユーロドル:原則固定0.8pips(無期限)、ユーロ円:原則固定0.6銭(無期限)、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭、NZドル円:原則固定1.1銭

  • オアンダジャパン(東京サーバー)[MT4](無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロ円:0.4~0.6銭、ポンド円:0.8~1.0銭、豪ドル円:0.6~0.7銭

  • FXブロードネット(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • ゲインキャピタル[FOREX.com MT4](12/1まで、19:00~23:00)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定0.8銭

  • 主要FX会社のスプレッド比較はこちら

    主要FX会社のスワップ金利比較はこちら

    ※スプレッド原則固定は例外あり

高スペック人気順

2018年11月1日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
SBIFXトレード米ドル/円スプレッド0.27銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
LIGHT FX米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る