このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2019年10月15日


羊飼いは、グルトレEAというグルトレを実行する上での便利ツールを出していますが、
未だにグルトレを手動でやるにはどのFX会社がいいですか?』という質問を受けます。
・・・なので、本日はその質問にズバリ!答えたいと思います。
>>>グルトレ(手法)の詳細
>>>>>グルトレEA(ツール)の詳細



グルトレは、川崎ドルえもんさんが考案した手法で、
その冊子は、Amazonで買う事が出来ます。
>>>グルトレ(手法)の詳細

グルトレの手法を簡単に表すと以下の様な図になります。


既に知っている方も多いと思いますが、
グルトレには大きく分けて2種類の要素があります。

10銭毎に置く子注文
これは常に両建てです。
と、
1円毎に置くサポート注文
こちらは自分でロングかショートかの方向を決めます。

実際に手動でグルトレを行うに当たって重要なのは、子注文です。
なぜなら、10銭毎に両建てをしなければならないので、手動でやるには非常に大変な作業になるからです。

この作業が大変なので、羊飼いはそれを簡単に実行出来るグルトレEAを作ったのです。

子注文のロングとショートを分けると以下の様になります。
※子注文は基本の設定で50銭で利確します





手動でやる場合は10銭毎に両建てを置くのが理想であり、基本です。
この時、1万通貨単位でしか取引出来ないFX会社だと、その通貨ペアの為替レートの1円の間に設置するだけで、1円→100銭→10銭毎に両建て→1万通貨×10個×売りと買い→20万通貨分の注文が必要になります。
グルトレでは、これを10円幅、20円幅で行うので、少額から始めようという人には非常に厳しいものになります。

よって、
1000通貨単位以下で取引出来るFX会社であることが重要になるのです。


FX会社は数多くありますが、
1000通貨単位以下で取引出来て、ドル円のスプレッドが0.3銭以下及び豪ドル円のスプレッドが0.7銭以下のFX会社はこれだけです。

※文章は表の下に続く


■□■1000通貨単位でドル円のスプが0.3銭以下&豪ドル円のスプが0.7銭以下のFX会社■□■
1000通貨未満で取引可能なFX会社も掲載
スプレッドの赤字→原則固定※例外ありを表す
スプレッドの単位はドル円及びクロス円は銭、ドル円以外のドルストレートはpips
スプレッドはキャンペーン実施期間が3週間以上に渡るものを掲載
調査日2019年10月10日

1000通貨単位
取引可能FX会社

2019/10/10時点
最新スプレッド調査 片道
手数料
キャッ
シュバ
ック
ドル円 ユーロ
ポンド
豪ドル
ユーロ
ドル
ポンド
ドル
豪ドル
ドル
手数料無料
SBIFXトレード
→SBI FXTRADE(1通貨)
上段:1通貨~1000通貨の時
下段:1001通貨以上の時(100万通貨以下)
0.20 0.30 0.70 0.40 0.30 0.80 0.80 無料 実施中
0.27 0.49 0.99 0.69 0.38 0.89 0.89
ゴールデンウェイジャパン
→FXTFMT4
0.2 0.4 0.7 0.5 0.2 0.7 0.6 実施中
マネックス証券
→マネックスFX
0.2 0.4 0.9 0.5 0.3 0.8 0.8 -
カブドットコム証券
→シストレFX
0.2 0.4 1.1 0.7 0.4 1.0 0.8 -
トレイダーズ証券
→みんなのFX
0.3 0.4 0.8 0.6 0.3 0.8 0.8 実施中
トレイダーズ証券
→LIGHT FX
0.3 0.4 0.8 0.6 0.3 0.8 0.8 実施中
セントラル短資FX
→FXダイレクトプラス
0.3 0.4 0.9 0.5 0.3 0.8 0.7 実施中
マネックス証券
→FX PLUS
0.3 0.5 0.9 0.6 0.4 0.7 1.0 実施中
インヴァスト証券
→トライオートFX(マニュアル注文)
0.3 0.5 1.0 0.6 0.3 1.4 1.4 実施中
FXブロードネット
→ブロードライト
0.3 0.5 1.0 0.6 0.3 2.6 1.9 実施中
ヒロセ通商
→ライオンFX
0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 0.8 0.8 実施中
JFX
→MATRIX TRADER
0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 0.8 0.8 実施中
YJFX!
→外貨ex
0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9 実施中
外為どっとコム
→ネクストネオ
0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 0.9 実施中
楽天証券
→楽天FX
0.3 0.5 1.0 0.7 0.4 1.0 1.9 実施中


また、
グルトレはほぼ毎日管理する事が必要となります。
両建てしてグルグルと回転する事で、ポジション構築→利益確定する注文を再度設置しなければいけないためです。

その為には、注文のしやすさが重要です。
羊飼いが実際に使ってみた結果お勧めするのは、
SBIFXトレード
YJFX!
トレイダーズ証券(みんなのFX)orLIGHT FX
ヒロセ通商orJFX
外為どっとコム
の順番です。(※同じ順位に2種類あるものは同じFX会社かシステムが同じものです)

最初の設定の時に10銭毎に置く両建て注文を繰り返しますが、その時に設定を記憶してくれる機能がないと非常に面倒な作業になります。
これらのFX会社は注文の設定を記憶出来る機能がある為、管理しやすいFX会社となります。

そして、この中でもナンバー1になっているSBI FXトレードが随一でお勧めです。
それは、なぜか!?

SBI FXトレードは、国内で唯一1通貨から取引が出来るFX会社だからです。
>>>>>SBI FXトレードのスペック詳細
最初の方で説明した理由で、グルトレをやるには1000通貨単位以下で取引出来る事が重要になります。
そんな中、1通貨単位で取引する数量を決める事が出来るのは非常に魅力的です。
実際には1通貨単位ではやらないとしても、500通貨や800通貨など小刻みに注文を入れる事が出来れば、グルトレで出来る幅もグッと広がります。

例えば、
10銭毎に1000通貨単位でやっていた両建てを、5銭毎に500通貨単位でやれば、細かい動きでもグルグルする事が出来ます。
そして、なんと言ってもグルトレの弱点である注文が多くなりがちなために比較的資金が必要という点も1000通貨未満で注文するで解決出来ます。

しかも、SBI FXトレードのスプレッドは狭い!!
※上部の表を確認してみて下さい。

・・・と、言うわけで、
『グルトレを手動でやる場合、どのFX会社がいいですか!?』
への回答は、
『1000通貨未満でも可能なSBIFXトレード
です。


FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

高スペック人気順

2019年11月1日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
LIGHT FX米ドル/円スプレッド0.1銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る