【FXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!】戸田裕大さん(その3)人民元は「絶対的な買い通貨」

カテゴリ:FXで稼ぐ方法は勝者に訊け![FXライター高城による個人トレーダー取材]
高城泰FX

ガチンコFXの人気コンテンツFXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!が羊飼いに移植!
毎週金曜日にお届けします!!




今週も先週に引き続き、戸田裕大さんについてです。

戸田裕大さん(その1) 元メガバンクの為替ディーラー
戸田裕大さん(その2) テニス、為替、10年で得た自信
戸田裕大さん(その3)人民元は「絶対的な買い通貨」
戸田裕大さん(その4)人民元のクセを利用する

経常収支は国の損益計算書である

「ファンダメンタルズで見てほしいのが経常収支です。国を企業に見立てたとき、損益を示すのが経常収支です。経常収支が黒字の通貨は買われやすくなります」

戸田裕大さんの見立てに沿えば、長く経常黒字を続けている日本は優秀な黒字企業ということになる。

「経常黒字だと世界で稼いだお金を日本へ戻す、つまり外貨を円に両替することになる流れが発生しますから必然的に円高となります。それが積み重なった結果が1ドル360円から100円へと行き着いた円高です」

経常収支が教えてくれるトルコリラ下落

日本はまだ経常黒字国だから、もう一段の円高もあるのだろうか。

「今は80円から120円で為替レートがバランスしており、米ドルの信任低下など新たな要因が発生しないと円高に行きづらい」

そのアメリカは「特別な存在」だという。

「米ドルは基軸通貨です。アメリカ人だけでなく世界中の人々が米ドルを必要とするため、必然的にドル高になりやすい構造にあります。そして、ドル高の水準で為替レートが拮抗しているため、米国は輸出で儲けることができず、必然的に、経常赤字になります。」

経済が成熟してくると為替レートも均衡点に近づき、変動が少なくなってくるようだ。反対に考えると経済が未成熟な国、つまり新興国では経常収支の重要性も高まってくる。

「株を買うとき、直近だけでなく過去数年分の決算をチェックするようにFXでも過去5年、10年分の経常収支を見てください。そうすることで通貨の大局観が得られます。たとえばトルコリラがなぜ売られたか、経常収支を見れば一目瞭然。慢性的な経常赤字国だからです」

トルコの経常収支と為替レート
※クリックで拡大します

出稼ぎの本国送金が為替を動かす

経常収支面で興味深い通貨が2つある。ひとつはフィリピンペソだ。

「足もとではフィリピンペソ高が進んでいます。これは経常黒字のためです。なぜフィリピンは経常黒字なのか。フィリピン人が英語を武器として世界中へ出稼ぎに行き、稼いだ外貨を本国送金しているからです。こうした要素も為替レートに関係してきます。そして今、経常収支から見て最強の座にあるのが人民元です」

戸田さんが昨年まで赴任していた中国。その経常収支は2020年にドイツを抜き世界最大となった。

「経常黒字が膨らんだ結果、何が起きているかというと外貨準備(政府や中銀が管理する外貨資産)の拡大です。日本の外貨準備は世界2位。これは円高時代に円売り・外貨買い介入を繰り返した『痕跡』です」

その日本をしのぎ世界最大の外貨準備国となったのは中国だ。

「中国がそれだけ世界で外貨を稼いでいることになります。だからこそ人民元は『絶対的な買い通貨』だと考えています」

トルコの経常収支と為替レート
※クリックで拡大します

「川の流れに逆らわない」

こうした非常に大きな流れを踏まえてトレードするのが戸田さんのスタイルだ。

「トレードで大事にしているのは、『川の流れに逆らわない』ということです。為替には大きなテーマがあり、流れが決まります。おかしいなと思ったら『自分は今、川の流れに乗れているのか?』と問うて、乗れているのであれば高値で買ってしまっても様子を見られます」

超長期的なトレンドフォローだが、これだけでは決済までに10年、20年とかかってしまう。戸田さんが実際にどう取引しているのか、さらに聞いていこう。

戸田裕大さん(その4)へ続く。

戸田裕大さんのコラムは全4回となっています。
戸田裕大さん(その1) 元メガバンクの為替ディーラー
戸田裕大さん(その2) テニス、為替、10年で得た自信
戸田裕大さん(その3)人民元は「絶対的な買い通貨」
戸田裕大さん(その4)人民元のクセを利用する

【プロフィール】
戸田裕大さん
2007年中央大学法学部卒業後、三井住友銀行へ入行。外国為替業務を10年間担当し、ボードディーラーとして1日数十億ドル/日の取引を執行すると共に、日本のグローバル企業300社、在中国のグローバル企業450社の為替リスク管理に対する支援を実施。現在は「為替から世界を学ぶ」をコンセプトに個人投資家向けの為替セミナーや執筆を行なう著書に『米中金融戦争 香港情勢と通貨覇権争いの行方』。

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み