【FX突撃取材!】4月30日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年4月30日9時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】4月30日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■4月30日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日29日(木)のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は一時、2011年以来となる1トン=1万ドル台に乗せ、同年に付けた過去最高値に急接近。主要国が新型コロナウイルスから抜け出し需要が増えることが期待できる一方、生産者はそれに追い付くのに苦戦しているとの報道が目立つ。しかし、景気回復期待よりも、クリーンなエネルギー源を推進する取り組みが加速する中で電気自動車や太陽光発電などに使われる銅の消費が同価格を押し上げているとの報道がしっくりくる。こうしたハードコモディティの上昇が、資源国通貨を底堅くしている要因のひとつであり、中期で豪ドル/円に強気なスタンスを崩さない理由のひとつでもある。

現在の為替相場の戦略やスタンス

豪ドル/円は節目の85.00円に再び迫る展開。短期的に注目は引き続き、ユーロ/円。第1四半期に新規感染者の拡大、各地でのロックダウン、そしてワクチン供給の遅れなどから上値が重い展開が続いていたユーロだが、今月に入り、ワクチン供給の改善もありゲームチェンジ。ただ米10年債利回りが底堅いこともあり、米ドル/円も反発しており、ユーロ買いは対ドルよりも対円であるユーロ/円に注目。ユーロ/円の押し目買いで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/円 日足チャート>
ユーロ/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み