【FX突撃取材!】6月14日(月曜日)■竹内のりひろ氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

竹内のりひろ FX戦略

竹内のりひろさんは、元外銀チーフディーラーとして、20年間相場に携わってきた経験を生かした独自の相場展望を持ち、欧州事情にも精通しています。
有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】も好評で、最近頻繁に金融系のメディアに出演されています。
そんな竹内のりひろさんに週初の戦略も聞きたいっ!と言うことでお願いしました。
>>>竹内のりひろさんの有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】の詳細はこちら



それでは、2021年6月14日8時時点に竹内のりひろさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■6月14日(月)竹内のりひろ氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

先週1週間の対ドルでの主要通貨の騰落をみると、円(-0.15%)は下落通貨のなかでは最下位となり、5月までのクロス円の買いに巻き戻しが入っている。週間でみれば、米ドル/円の値幅はわずかに65銭にとどまり、今週に控えるイベントを前にこう着感を強めている。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週は、明日15日(火)~明後日16日(水)の日程で米国では金融政策を話し合う会合であるFOMCが開催予定。大きな政策変更等は見込まれていないが、今回の会合は3カ月に1度の経済見通しと今後の政策金利の見通しを示すドットチャートが公開されるため注目が集まる。前者は、ワクチン接種の加速、このところの物価の上昇等を反映して上方修正されるだろう。後者もタカ派のメンバーが2023年の金利見通しを引き上げるだけで、全体の平均値は上昇することになる。先週、米国ではCPI(消費者物価指数)が上振れたにもかかわらず金利は低下となり、経済指標の過熱はかなり市場に織り込まれている。ただ、この先の経済の回復を考慮すると金利の低下余地は乏しく、米ドル/円の下値も限定的だろう。ボラティリティから換算する今週のレンジは、米ドル/円で109.00~110.70円、ユーロ/米ドルで1.2000~1.2200ドル、ユーロ/円で132.00~134.00円を予想している。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足チャート
※クリックで拡大します

<ユーロ円 日足チャート>
ユーロ/円日足チャート
※クリックで拡大します


>>>竹内のりひろさんの有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み