このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2019年09月09日

竹内典弘 FX戦略
竹内典弘さんは、元外銀チーフディーラーとして、20年間相場に携わってきた経験を生かした独自の相場展望を持ち、欧州事情にも精通しています。
有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】も好評で、最近頻繁に金融系のメディアに出演されています。
そんな竹内典弘さんに週初の戦略も聞きたいっ!と言うことでお願いしました。
>>>竹内典弘さんの有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】の詳細はこちら



それでは、2019年9月9日8時時点に竹内典弘さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■9月9日(月)竹内典弘氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

先週5日(木)、日本の財務省が公開した「対外及び対内証券売買契約等の状況」からは、国内の機関投資家が8月第4週に、海外の中長期債を約1.5兆円買い越したことが判明している。この週の米ドル/円は、週初に104.45円の安値を示現、105円割れでは外債投資からの外貨買いが噴出していたことになる。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週イベントとしては、12日(木)のECB(欧州準備銀)理事会の政策判断とドラギ総裁の会見に注目が集まりそうだ。政策変更の内容として、預金ファシリティ金利の10bp(0.10%)以上の利下げが最有力視されているが、昨年12月に終了した量的緩和であるAPP(資産買入れプログラム)の再導入は、先送りされる可能性が高い。この2週間ほどを振り返っても、オランダ中銀のクノット総裁を筆頭に、ECB高官からAPPの再導入に否定的か見解が相次ぐ。預金ファシリティ金利も現行-0.40%までの深堀りが進行、先週末もドイツの2銀行から、収益の悪化を懸念する声明が発表されている。ダウンサイドでは上述のように相応の円売り需要もあり、ECBの政策変更が市場への満額回答とならない場合、一旦ユーロ/円は底入れの展開となるかもしれない。ボラティリティから換算する今週のレンジは、米ドル/円で105.80~107.80円、ユーロ/米ドルで1.0950~1.1150ドル、ユーロ/円で116.50~119.50円を予想している。

(節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中)

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足チャート
※クリックで拡大します

<ユーロ/円 日足チャート>
ユーロ/円日足チャート
※クリックで拡大します


>>>竹内典弘さんの有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】の詳細はこちら

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

高スペック人気順

2020年2月3日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
LIGHT FX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る