【FX突撃取材!】8月17日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年8月17日11時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】8月17日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■8月17日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

今週の為替マーケットは、リスクオフ後に一転してリスクオンとなるように、ヘッドラインで簡単に方向性を変えるので、方向感なく乱高下する相場に巻き込まれたくないところ。一方株式市場は、先週10日(水)のCPI発表後、続伸しており、昨日16日(火)は為替が株についてきた展開。米国株は、CPIさえピークアウトすれば全て解決というのがコンセンサスだったのか、ラフに言えば、8月の+8.7%のインフレ予想が+8.5%だった事で、大幅上昇した。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週注目していたのは本日17日(水)発表予定のRBNZ。RBNZは17日、4会合連続で0.5%の利上げを実施し、政策金利を3%に引き上げるというのがコンセンサス。年内あと2回の0.5%利上げを示唆するのか、あるいは米金融当局のように利上げ幅を縮小させる可能性に言及するのかという点と、ニュージーランドの不動産と労働市場ではこれまでの引き締め政策の効果が表れ始めており、RBNZがそのスタンスを変えるのかどうかに注目。RBNZは、他の主要中銀に先駆けて利上げに踏み切ったように、個人的には先見性のある中銀だと思っているので、その動向に注目している。戦略的には一部利益確定はしたが、ユーロ/スイスフランのショート継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/スイスフラン 日足チャート>
ユーロ/スイスフラン日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み