【FX突撃取材!】5月6日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年5月6日9時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】5月6日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■5月6日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

注目のFOMCは予想通り0.50%の利上げ。しかしパウエルFRB議長が「0.75%の利上げは積極的に検討しているものではない」としたため、一時米10年債利回りは2.8974%まで急落。米国株は急反発。米金利の下落により、米ドル/円が一時128.63円まで急落。パウエル氏は「インフレはあまりにも高い」としているので、0.75%の利上げでも検討の余地はあると思うのだが、あくまでもソフトランディングを狙った展開。こうしたソフトランディングは株にとってはある程度効果があるのだろうが、インフレ封じ込めにはあまり有効であるとも思えないのだが。

現在の為替相場の戦略やスタンス

西原氏が感じた懸念は多くのマーケット参加者のコンセンサスと同じだったようで、FOMC後に広がった楽観論はあっという間に消え失せ、昨日5日(木)のNY市場ではリセッションの脅威が広がる中でインフレ抑制が難航するとの懸念が広がった展開。昨日5日(木)の米国株は急反落。ナスダックは約5%の急落、S&P500も3.6%と大きく値を下げている。米長期債が売りを浴び、米10年債利回りは3.03%でクローズ。米ドル/円も130.15円と130円台を回復し、NY市場は引けている。FOMC後に一時値を崩した米国債利回りだが、FOMCの連続利上げのスタンスは変わらず、米金利も底堅いまま。米10年債利回りと極めて高い相関性を維持している米ドル/円の下落が限定的であることも変わらず。よって米ドル/円の押し目買い継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み