【FX突撃取材!】1月19日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年1月19日11時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】1月19日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■1月19日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日18日(火)の米国株は大方の予想どおり大幅安。米10年債利回りが1.88%と2020年1月以来の高水準になったことが影響している。呼応してナスダックは2.6%安の14506.90、豪ドル/円は82.16円まで下落。ナスダックの急落の割には豪ドル/円の下げ幅が少ない要因はカナダドル。NY原油先物は2014年10月以来、約7年ぶりの高値を付けたことにより、資源国通貨のカナダドルが反発。豪ドル/米ドルの下落に連れ、一時1.2564ドルまで反発していた米ドル/カナダドルだが原油の急騰により、カナダドルが反発。これで豪ドル/カナダドルが0.9000ドル割れ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

ブルームバーグの記事によれば、ヘッジファンドが今選好しているのは原油のようだ。
------------
インフレや金利上昇、テクノロジーを中心とした株安という環境を乗り切る上で、ヘッジファンドは今、昨年2021年11月半ば以降で最も原油に強気。北海ブレント・WTI先物へのネットロングの合計ポジションから、それが読み取れる。米国債利回りが急上昇し、ナスダック指数が大幅下落した過去4週間に、こうしたポジションが積み上がった。一方で原油は一時2014年以来の高値をつけるなど、株や債券とは逆に買われている。(出所:ブルームバーグ)
------------
ナスダックの急落で豪ドル/円の下落トレンドは変わらないが、原油の高騰に合わせて一部カナダをロングにして、豪ドル/カナダドルのショートがワークするのではないかと想定している。豪ドルを対円や対カナダでショート継続。米ドル/円の戻り売りスタンスは、変らずで。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み