【FX突撃取材!】11月19日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年11月19日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】11月19日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■11月19日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日18日(木)の米国株式市場はハイテク株を中心に買われる展開で、S&Pとナスダックが反発。Appleは電気自動車の開発を加速しており、完全自律運転機能をあらためて開発プロジェクトの中心に据えていると、関係者が明らかにしたようだ。ブルームバーグによれば、過去数年、ハンドル操作と加速に焦点を当てた限定的な自動運転機能を持つモデルの開発と、ドライバーを一切必要としない完全自律運転モデルの開発という2つのアプローチを同時に模索していたが、ソフトウエア担当幹部ケビン・リンチ氏のもと、エンジニアは現在、後者のアプローチに重点を置いているとしている。いよいよ完全自律運転モデルがAppleから出るのも時間の問題のようだ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週は対ユーロ、対豪ドルでドル高が進行。しかし、米ドル/円でのドル高は伸び悩み。米ドル/円でのドル高が伸びないのは、115.00円で観測されているバリアオプション。今週16日(火)と17日(水)に米系短期筋がまとまったドル買いをしかけ115.00円突破を何度となくトライした。ただ、結果は114.97円とわずか3pip届かず、米ドル/円はあっさり反落。昨日18日(木)の東京市場では、米短期筋の米ドル/円の投げもあり、一時114.00円を割り込んでいる。一方実際にバリアオプションが115.00円ブレイクをせき止めていると想定するならば、押し目はあまり深くないことになる。115.00円手前でドル売りを持ち込んだオプションプレイヤーがドルを買い戻す公算が高いためだ。ただ、あまり115.00円突破に時間がかかるようだと、チャートの形状が悪化するため、米ドル/円に関しては115.00円のバリアを崩せるかどうかがポイント。一方、ユーロ/米ドルは、1.1500ドルにまとまったオプションが観測されていることもあり、上値は限定的。ユーロ/米ドルの戻り売りで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み