【FX突撃取材!】1月10日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略
羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2020年1月10日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】1月10日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■1月10日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

米国株は続伸。S&Pは再び最高値を更新。米国とイランとの緊張が戦争へと発展しなかったことで、マーケットがリスクオンへ回帰したことが要因。今回の米国とイランとの緊張は、トランプ米大統領にとって重要な局面だった。現在米国民の多くはイランとの戦争を望んでいない。戦争に突入すれば、トランプ米大統領の再選の可能性は消滅したかも知れず、つまり今回トランプ氏は国民の支持を得られない戦争を回避し再選の可能性を残したことになる。これがマーケットに好感されたことが米国株続伸の要因。

現在の為替相場の戦略やスタンス

リスクオンへの回帰の中、リスク要因も残っている。ウクライナ行き旅客機がイランで墜落した。その原因は、イラン軍の地対空ミサイルだった証拠があるとして、カナダのトルドー首相は国際的な調査を呼びかけたようだ。同機にはカナダ人が多数搭乗し、全員死亡している。米情報当局もミサイルが原因との見方を強めていることが関係者の話で明らかになっているようだ。イラン側はもちろん「あり得ない」と否定。ただウクライナと合同調査委員会を設置することで合意し、米国などにも参加を呼びかけた。このようにイランに関してはまだ不透明感は残っている。そんな中、戦略としては、トランプ米大統領が再選の可能性を残したことにより、豪ドル/円の押し目買いで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<豪ドル/円 日足チャート>
豪ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み