【FX突撃取材!】1月13日(水曜日)■井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
井口喜雄 FX戦略

【FX突撃取材!企画】にトレイダーズ証券の為替ディーラー井口喜雄さんが参加!
井口喜雄さんは認定テクニカルアナリストで、1998年から金融機関でディーリング業務を行い、2009年からはトレイダーズ証券で同業務に従事。ファンダメンタルズとテクニカルの両方面での為替分析に精通しており、セミナーやマネー誌にも多数登場されています。
井口喜雄さんへの取材は、毎週・水曜日の昼過ぎに行い、当ブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>トレイダーズ証券の『みんなのFX』のスペック詳細はこちら



それでは、2021年1月13日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■1月13日(水)井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日12日(火)はバイデン政権が財政出動を拡大させるとの期待感から米10年債利回りが1.18%まで上昇し、米ドル/円は一時104.30円付近まで上値を拡大。しかし、NY時間に発表された米10年債の入札が良好だったことで米10年債利回が1.13%に急低下すると米ドル/円は103円台まで振り落とされている。マーケットは米長期金利上昇でドル上昇という相関性が戻ってきたようだ。また、明日14日(木)にバイデン次期米大統領の追加経済対策発表とパウエルFRB議長の発言が控えており、その内容を見極めたい。追加経済対策の内容は1人2000ドルの現金給付、失業給付金の延長、地方政府への支援、ワクチン普及対策費などが盛り込まれるなど、数兆ドル規模になることが予想されている。大統領就任のタイミングもあり、景気刺激策は大規模なものになりそうだ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

足元のドルは米金利主導で動いているため米長期金利を眺めながらのトレードとなる。米金利上昇の局面では以前とは違ってドルショートに勝ち目はないだろう。FOMCメンバーからもテーパリング時期についての発言がちらほらと聞こえており、いずれ来るドル安→ドル高へのゲームチェンジに備えなくはならない。ただし、バイデン次期米大統領は財政赤字が膨らんだとしても、バブルになっても、景気刺激策を実施すると公言しており、これまで以上に財政出動していくのであれば、メインシナリオはやはり株高ドル安と考えたい。賞味期限はあるが、まだ米ドル/円戻り売りのオペレーションは機能するのではないだろうか。

直近の為替相場の注目点や分析はみんなのFXなどでも配信中


<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>> 口座開設キャッシュバック&レポートプレゼントキャンペーン実施中 <<<<<
みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できる!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3千円GET可。
新規口座開設で最大5万3千円キャッシュバック 詳細はこちら
さらに口座開設で、為替ディーラー井口喜雄氏によるPDFレポート
『2021年為替相場見通し~注目の6通貨のおさえておきたいポイントと相場動向~』プレゼント実施中!!

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み