【FX突撃取材!】1月13日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年1月13日9時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】1月13日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■1月13日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

トランプ米大統領は先週6日(水)の議事堂乱入前に自身が演説した内容について、「不適切なところは一切ない」と断言。加えて、大統領罷免に関する憲法修正25条について、「自分には全く脅威ではないが、バイデン氏とその政権はこれに呪われるかも知れない」とコメント。下院は本日13日(水)にトランプ大統領の弾劾決議案を採決する予定を変更しておらず、米国の政局は混乱したまま。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週に入ってドル安の流れに変化が起きている。まず米10年債利回りが節目の1.00%を明確に超えてきた事が要因。もうひとつは年初から急騰を演じ、一時440万円近くまで暴騰していたビットコインがいきなり350万円を割り込んで急落した事。こうした流れからモルガン・スタンレーのようにドル安予想を撤回するストラテジストが増えてきた。
------------モルガンS、ドル安予想を撤回-米金利のレジームシフトで------------
モルガン・スタンレーのストラテジストらは、大幅な米財政拡大観測などを受けた米金利のレジームシフトを背景に、短期的なドル下落予想を撤回した。マクロ戦略のグローバル責任者、マシュー・ホーンバック氏は一昨日11日(月)、電話取材に対し「財政政策見通し、金融政策見通し、インフレ高進見通しを巡る不確実性を踏まえると、ここからドル下落に備えるポジションを取ることはもはや魅力的ではない」と述べた。モルガン・スタンレーはユーロとカナダドルに対する米ドルのショートポジションを解消した。代わって、英ポンドをノルウェークローネに対してショートにすることや、スイスフランのカナダドルに対するショートに転じることを勧めた。ホーンバック氏やジェームズ・ロード氏らストラテジストは9日(土)付のリポートで、「高まる米財政出動の可能性」などを背景に、「ドルについての見方を中立に変更する」と明らかにした。「強気に転じる時期についてはシグナルを探している」という。今回のドル予想転換の背景には二つの重要な要因がある。ストラテジストによれば、先週の米ジョージア州上院選の決選投票で民主党が勝利したことは、今四半期中にも最大1兆ドル(約104兆円)の追加経済対策が実現する可能性があることを示唆する。さらに、米金融当局が政策正常化について6月にも議論を開始する可能性がある。「これら二つの要因には、米国の低い利回りという、ドルに対して広がったマイナスの想定を払拭する力がある」とモルガン・スタンレーは指摘。「米国の新たな財政政策に焦点が移る中、米実質利回りとドルが共に底入れの過程にあるとわれわれは考えている」と分析した。(出所:ブルームバーグ)
------------
今後、モルガン・スタンレーのようにドルに対する見方を変える参加者が増えるかどうかがポイント。戦略的にはユーロ/米ドルの戻り売りで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み