このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2017年12月01日

高城泰FX
ガチンコFXの人気コンテンツFXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!が羊飼いに移植!
毎週金曜日にお届けします!!



今週も先週に引き続き、田向さんについてです。

田向さん(その1)ビジネスとしてのFX
田向さん(その2)交差点の安全な渡り方
田向さん(その3)ディナポリ数の秘密
田向さん(その4)1日2回のチャートチェック

「ディナポリ」はコンサバティブだからいい

7本の移動平均線を組み合わせた「虹色FX」で収益を安定させていった田向さん。しかし、移動平均線だけを利用した虹色FXには不満もあった。

「虹色FXでは為替市場の大きな流れの方向や入るタイミングはわかるんだけど、目標値が計算できない。ストップを切り下げていきながら結果、ストップが利益確定になるといったように取引するか、フィボナッチ・リトレースメントを使う必要がある。また、1トレードが終わったら、次の新たな流れが出てくるのを待つしかありませんでした」

この不満を解消してくれたのが、「ディナポリ」だった。世界的に知られたアメリカ人トレーダーであるジョー・ディナポリが開発したトレード手法だ。

「ディナポリに会ったことはありませんが、チャートを見たとき、『よくできているな』と思いました。押し目を確認してからのエントリーであるとか、欲張らない利益確定は私の好みにあっているなと」

ディナポリを使ったエントリー例

ディナポリのチャートが独特なのは移動平均線の使い方。通常の移動平均線を右側にずらして表示させる「DMA」を使う。メタトレーダー4(MT4)なら移動平均線を表示させ、プロパティを開き、「表示移動」の項目に数字を入れると表示できる。

「パラメーターは移動平均線(7)をローク足5本分、右側に先行させて表示させた「7×5」と、「3×3」、「25×5」の3本です。日足や4時間足を見て、ローソク足が3本よりも上ならば上昇トレンド、下ならば下落トレンドと判断していきます」

ディナポリのチャート
※クリックで拡大します

ディナポリは「マルチタイム」で使う。複数の足を組み合わせて判断するやり方だ。

「日足で大きな流れを確認したらエントリーの判断は4時間足や1時間足。上昇トレンド中なら、3×3DMAの下にもぐっていた1時間足が上に抜けてきたのを確認して買いです」

ディナポリのチャート
※クリックで拡大します

日足と4時間足、4時間足と1時間足、あるいは1時間足と15分足など組み合わせは自由だ。

1枚のチャートで「マルチタイム」

「3本の移動平均線でトレンドを慎重に判断し、エントリーもマルチタイムで押し目を確認してからと非常にコンサバティブですよね。そこが私の好みに合っているんです。DMAの数字も非常によく考えられています。この数字自体にマルチタイムの発想が取り入れられているんです。たとえば、『12×12』のDMAを表示させてみてください――」

1時間足に通常のディナポリに加えて、「12×12」のDMAを表示させたのが下記のチャートだ。

ディナポリのチャート
※クリックで拡大します

「2本のDMA、『25×5』と『12×12』がほぼ同じように動いていますよね。1時間足の『12×12』が何かというと、4時間足の『3×3』です。つまり、1時間足の『25×5』は長期のDMAというだけでなく、4時間足の『3×3』を見ているのと同じ効果もあるんです。非常によく考えられたパラメーターの設定ですよね」

田向さん(その4)へ続く。

田向さんのコラムは全4回となっています。
田向さん(その1)ビジネスとしてのFX
田向さん(その2)交差点の安全な渡り方
田向さん(その3)ディナポリ数の秘密
田向さん(その4)1日2回のチャートチェック

【プロフィール】
田向宏行さん
個人投資家。起業家として成功を収め事業を売却。FXトレーダーへと転身する。7本の移動平均線を利用した「虹色FX」や、著名投資家が開発した「ディナポリ」などの手法を用いてトレードする。西原宏一さんのメルマガでのサポート役としての情報配信やセミナー講師を務めることも。著書に『臆病な人でも勝てるFX入門』、『最短で1億円を築く FXの稼ぎ技 230』など。

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

  • マネックス証券[マネックスFX](無期限、1万通貨取引まで)■ドル円:原則固定0.2銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.5銭

  • トレイダーズ証券[みんなのFX](無期限、08:00~26:00)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • 外為どっとコム(無期限、例外あり)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭、豪ドル円:原則固定0.7銭

  • GMOクリック証券(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭

  • ヒロセ通商[LION FX](無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭

  • JFX(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭

  • マネーパートナーズ[パートナーズFX](7/31まで、8:00~28:00)■ドル円:原則固定0.3銭(無期限)、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • FXトレードフィナンシャル[1000通貨コース/FXTFMT4](7/31まで)■ドル円:原則固定0.3銭(無期限)、ユーロドル:原則固定0.8pips(無期限)、ユーロ円:原則固定0.6銭(無期限)、ポンド円:原則固定0.9銭、豪ドル円:原則固定0.6銭、NZドル円:原則固定1.1銭

  • オアンダジャパン(東京サーバー)[MT4](無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロ円:0.4~0.6銭、ポンド円:0.8~1.0銭、豪ドル円:0.6~0.7銭

  • FXブロードネット(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭、豪ドル円:原則固定0.6銭

  • 主要FX会社のスプレッド比較はこちら

    主要FX会社のスワップ金利比較はこちら

    ※スプレッド原則固定は例外あり

高スペック人気順

2018年7月1日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
SBIFXトレード米ドル/円スプレッド0.27銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
マネックスFX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る