◆【FX突撃取材!】7月26日(火曜日)■志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

志摩力男 FX戦略

羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2022年7月26日14時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■7月26日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

先週21日(木)にECBと日銀の政策金利決定会合があった。まず、日銀に関しては政策変更なし。日銀はこの先もずっとYCC(イールドカーブコントロール)政策を続けると強調した。これまでであれば、日銀の政策金利決定会合の後は、1~2円ほど円安になっていたが、今回は少しドル買いは出たものの、それを維持することはできず、米ドル/円は崩れている。米ドル/円を買い上げる絶好の材料があってもそうならなかったということは、市場はやや飽和状態に陥っているのだろう。次回の日銀政策金利決定会合は9月22日で、やや時間があるため、JGB(日本国債)マーケットにおけるJGBショートはそのままキープする人もいるだろうが、やや撤退方向だろう。同時に米ドル/円マーケットでもいわゆる日銀トレードとして持っていたポジション、JGBショートと米ドル/円ロングもやや撤退となるのではないだろうか。またECBに関しては、0.5%という思い切った利上げをしたのだが、9月は白紙とラガルドECB総裁が発言。これまでのフォワードガイダンスでは、7月に0.25%、9月に0.5%と、あらかじめ筋道を出していた。しかし、現在ロシア問題もあり、経済が不安定な時期であるため、フォワードガイダンスが非常に難しくなっている。欧州のPMIも50を割ってきており、欧州はインフレと景気後退という2つの問題と同時に闘わなければいけなくなっており、政策の舵取りが非常に難しくなっている。欧州の命運はロシアの一存次第といった所があり、天然ガスの供給がこの先絞られていくのであれば、景気後退に陥るため、利上げは早晩ストップすると考えている。ユーロのダウンサイドリスクには注意したい。またパリティ(1.0000ドル)を試すのではないだろうか。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週は28日(木)日本時間未明にFOMCがある。0.75%の利上げは完全に織り込まれているため、これが新たなドル買い材料にはなりづらいだろう。よって米ドル/円マーケットはやや調整気味で横ばいになるかと思っている。134.00~137.50円のレンジを想定。リスクとしてはやや円高方向だろう。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら


>>>>>志摩力男さんのFXプレミアムビデオスクール<<<<<
志摩力男さんがFXプレミアムビデオスクールを開講したようです!
トレードの実践に役立つ情報やプロだけが見ている情報を切り取って提供。
テクニカル分析&ファンダメンタルズ分析を理解し、
FX取引結果を向上させる技術と知識の習得を目指すスクールとの事。

>>>志摩力男さんの[FXプレミアムビデオスクール]の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み