【FX突撃取材!】8月19日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年8月19日10時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】8月19日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■8月19日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日18日(木)のユーロ/米ドルは3日ぶりに反落。ガスTTF価格(=Dutch TTF Natural Gas Futures)は241ユーロ/MWhとなっており、引き続き高値圏で推移していることもユーロの重荷に。今月に入って、欧州の深刻なエネルギー危機を報道する記事は多数。
------------------------
1.欧州ガス価格、冬季に60%上昇へ 西側の制裁が影響=ガスプロム
ロシアの国営ガスプロムは16日(火)、西側諸国の制裁措置により輸出と生産が減少し続けているため、欧州の天然ガス価格は冬季に60%上昇し、1000立方メートル当たり4000ドルを超えるとの見通しを示した。ガスプロムは「欧州のスポットガス価格は1000立方メートル当たり2500ドルに達している。上昇傾向が続けば、控えめに見積もっても冬季には4000ドルを超える」との見通しを示した。
(出所:ロイター -8月16日火曜日-)

2.独ガス代、年6万円超の負担増に ロシア産不足で価格高騰
ロシア産天然ガスの不足による価格高騰に伴い、ドイツでガス料金に上乗せして徴収する賦課金の基準額が15日発表された。欧州メディアによると、平均的な4人家族世帯で年間480ユーロ(約6万5千円)程度の負担増となる。
(出所:共同通信 -8月17日水曜日-)

3.独エネ大手、1兆6千億円赤字 ロシア産天然ガス減響く
ドイツのエネルギー大手ユニパーが17日(水)に発表した2022年1~6月期決算は、最終損益が120億ユーロ(約1兆6400億円)超の赤字となった。同社はロシア産天然ガスの最大の輸入業者で、ロシアからの輸送量が6月から大幅削減されたことにより、不足分の調達コストが上昇したことが響いた。ロシア政府系ガスプロムは6月中旬以降、海底パイプライン「ノルドストリーム」を通じてドイツに送るガス輸送量を大幅に削減。現在は供給能力の約2割にとどまる。
(出所:共同通信 -8月17日水曜日-)
------------------------

現在の為替相場の戦略やスタンス

ユーロクロスは重いままだが、FRB高官らが引き続きインフレに対する懸念を表明したこともあり、対ドルのユーロ/米ドルも久しぶりに、1.0080ドルレベルまで下落。パリティまで再びあと80pipsと迫ってきた。ユーロ/米ドルのターゲットは、0.9700ドル。ユーロ/米ドルの下落に呼応し、米ドル/円も136円台を回復。米系短期筋は、米ドル/円の140円のドルコールを物色している模様。戦略的には、ユーロ/米ドル、ユーロ/スイスフランのショート継続で臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み