【FX突撃取材!】8月10日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年8月10日10時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】8月10日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■8月10日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日9日(火)のNY市場は、本日10日(水)発表の米CPI(消費者物価指数)を控えて小動きとなった。米株は下落。CPI発表を控えた神経質な取引となる中、マイクロン・テクノロジーが発した悲観的な見通しが市場のリセッション懸念を深め、半導体株が軒並み売られたことがきっかけ。ナスダックは1.2%下落。 為替市場では、ポンドドルが下落。ラムスデンBOE副総裁が景気後退により来年は利下げが必要になるとの金融市場の見方について、「予想していないが否定はしない」と述べた事、加えて下記の計画停電の報道が嫌気されて、一時1.2063ドルまで反落している。
------------
英国は冬の寒さとガス不足が重なる日が4日間続く「妥当な限り最悪のシナリオ」に備え、来年1月に企業と家庭を対象に計画停電を検討している。政府の計画に詳しい関係者が明らかにした。
(出所:ブルームバーグ)
------------

現在の為替相場の戦略やスタンス

今年の前半の為替市場はなんといっても円安がテーマだったが、6月のSNB(スイス国立銀行)の利上げをきっかけにEUR/CHF、そしてユーロ安が為替市場のテーマとなっている。 下記は、日経新聞が、ウクライナ戦争をきっかけとした、ドイツそしてユーロの低迷に関して簡潔にまとめていたものの引用となる。
------------
「プーチンの戦争」で沈むドイツ ユーロ低落は長期化も
ロシアのウクライナ侵攻による「敗者」は誰か。国土が広く戦場と化したウクライナ、米欧の強力な経済制裁に直面するロシアを除けば、それは欧州、とりわけドイツといえそうだ。ロシアにエネルギーを依存してきたドイツでは貯蔵するガスの枯渇リスクが高まり、景気後退とインフレの同時進行(スタグフレーション)も現実味を帯びる。通貨ユーロの低落が長引く可能性もある。
(出所:日経新聞)
------------

一度は脱原発に大きく舵を切ったドイツだが、ロシアにエネルギーを依存するリスクの深刻さが国民の間に浸透し、世論は今「脱原発」に向かっている。このドイツ国民の変化が、ドイツのエネルギー問題を解決するきっかけになるのか注目している。
そして本日10日(水)は、なんといっても日本時間21時30分の米CPIに注目。市場予想は前年比8.7%(前回は9.1%)。EUR/CHFのショートは継続。他の通貨ペアは本日10日(水)夜の米CPIの数字を確認したいところだが、基本ユーロクロスは戻り売り。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/スイス 日足チャート>
ユーロ/スイス日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み