【FX突撃取材!】1月9日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略
【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2020年1月9日10時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■1月9日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日8日(水)の米ドル/円は、イランが米軍駐留基地を攻撃した事を受けて約3カ月ぶりに107.65円前後へと急落したが、その後109.24円前後まで大幅に切り返した。イラン外相やトランプ米大統領の発言によって両国が軍事的に衝突するリスクは低いとの見方が広がり市場心理が改善した。こうした動きにより昨日8日(水)の米ドル/円は80銭に及ぶ長い下ヒゲを伸ばした大陽線で引けた。下げ止まりからの上値模索再開を示唆する足型と言えそうだ。昨年12月に強い上値抵抗となっていた109.70円前後を試す動きとなってもおかしくないだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

昨日8日(水)に発表された米12月ADP全国雇用者数の大幅増により、明日10日(金)の米12月雇用統計への期待が高まっている事もドルの支援材料になりそうだ。ただ、本日9日(木)早朝(NYクローズ前)には、イラクの旧米軍管理区域にロケット弾が打ち込まれるなど、中東情勢は依然として不安定な状態にある。一定の警戒はなおも必要と見られ、米ドル/円の上値模索が再開するとすれば明日10日(金)の雇用統計後かもしれない。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>とことん質問に答えます!1/10米雇用統計セミナー<<<<<
1月10日(金)21時30分開始!FXストラテジストの川合美智子氏が出演!
米雇用統計はもちろん今後の為替相場について解説!
チャットへ寄せられた様々なご質問に全力でお答えします!
ギフト券のプレゼントもご用意!参加は無料です!
とことん質問に答えます!1/10米雇用統計セミナーの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み