【FX突撃取材!】10月4日(火曜日)■志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

志摩力男 FX戦略

羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2022年10月4日14時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■10月4日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

このところ、プチ金融危機といった話が出てきている。まずは英中銀が英国債マーケットに介入した件だ。これは、英国債がこれ以上下落すると様々なマージンコールが掛かり、マーケットが暴落する寸前だったためだ。そして次に、クレディスイスの経営不振について。最悪のケースである倒産はないと思うが、何か他に出てくるかもしれない。そうなると中央銀行としては(この場合スイス中銀)金融機関を助けるために流動性を潤沢に供給するという方向にシフトしていかざるを得ない。目に見えているのはこの2つだが、他にも隠れている危機がたくさんあるように感じる。こうした状況のため、米国の金利はこれ以上上がらないのではないか、これ以上上げるのは危険なのでは、といった声が出ている。そうなるとドルの上昇も一服し、これ以上引き締めがないとなると株価も上昇、という動きになってくる。ただこの動きに継続性があるのかは、まだわからない。しかしユーロ/米ドルが堅くなってきているのも、こうしたことからだろう。かといって上がり続けることもなさそうだが。

現在の為替相場の戦略やスタンス

マーケットでは米国債が先週9月28日(水)の4%でピークを打ったという見方が広まっており、ある種の転換点に来ているのかもしれない。今は市場の動向を一歩引いて注視したい。ただ米ドル/円はその間も落ちることはなく、143~146円のレンジで高値安定となるだろう。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら


>>>>>志摩力男さんのFXプレミアムビデオスクール<<<<<
志摩力男さんがFXプレミアムビデオスクールを開講したようです!
トレードの実践に役立つ情報やプロだけが見ている情報を切り取って提供。
テクニカル分析&ファンダメンタルズ分析を理解し、
FX取引結果を向上させる技術と知識の習得を目指すスクールとの事。

>>>志摩力男さんの[FXプレミアムビデオスクール]の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み