【FX突撃取材!】6月11日(火曜日)■志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

志摩力男 FX戦略
羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2019年6月11日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■6月11日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

為替はここ1~2週間くらい、非常によく動いた。背景は主に米中貿易戦争の加熱。最後のダメージとしてメキシコのニュースが出てきたことが、さらに値動きを大きくした。これらを受け、金融市場では米金利が急低下。米国では7月と9月に利下げ実施予定で、年内に計3~4回の利下げ実施予定で米金融緩和を織り込んでいる状況。ただ、行き過ぎのようにも思える。米国株がかなりリバウンドしたため、そこまで積極的に金融緩和していくのか疑問だ。先日のパウエルFRB議長の発言も、冷静に考えれば、さほど金融緩和を示唆するものでもない。金利と株が動きすぎているので、ここから調整が入るだろう。米金利は上方向に揺り戻し、米国株も少し落ち着くと考えている。

現在の為替相場の戦略やスタンス

株と金利の調整が入れば、為替相場も揉み合い局面へ向かうとみている。米ドル/円は今週、直近安値である107.80円には届かず、108円台での揉み合いに終始しそうだ。ユーロも揉み合いに入りそう。ただし、米国の金融政策の転換は事実。よって目先は揉み合いだが、時間が経つと下げ圧力がかかるだろう。その下げ圧力は特に対ユーロであらわれやすくなりそうだ。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み