このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2019年03月19日

志摩力男 FX戦略
羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2019年3月19日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■3月19日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

今週も、注目はやはり引き続きブレグジットとFOMCだ。まずブレグジットに関してだが、明日20日(水)の、3回目の採決がなくなった可能性が高い。そうすると次の流れはEU首脳会談となる。そこで長期延長の話が出ているが、これは英ポンド/米ドルには非常にポジティブな材料となるため、英ポンド/米ドルは1.35ドル以上に向かうとみている。一方、FOMCに関しては、マーケット内でも意見が分かれているが、おそらくドットチャート等は、予想以上に下方シフトしてくるとみている。現在のコンセンサスは今年2019年は1回の利上げとなっているが、ドットチャートは利上げなしまで下りてくるとみているので、ドルにはネガティブな材料となる。だがそれに対し、どの通貨をロングにするかを判断するのはなかなか難しいところ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円に関していえば、おそらくFOMCの後は下落すると思われるが、それでも110円台後半くらいまでで、その後は米国株が堅調となりクロス円が戻ってきて、連れて米ドル/円も戻ってくるといった1月のFOMCのあとと同じパターンが予想される。


<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

高スペック人気順

2020年1月6日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
LIGHT FX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る