【FX突撃取材!】4月28日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年4月28日10時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】4月28日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■4月28日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

今月じわじわと値を上げているのがユーロ。ブルームバーグのエコノミストによれば、欧州でのワクチン接種の動向が改善しており、早晩EU経済が活気を取り戻すと予想しているようだ。確かに最近の欧州経済指標の大半は予想を上回っており、欧州経済の回復は早い模様。例えば、先週22日(木)に発表となったユーロ圏主要国の4月の製造業PMI(購買担当者景気指数)は軒並み好転している。こうした欧州経済指標の好転でマーケットでは、欧州中央銀行(ECB)がパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の下での債券購入ペースの減速を始めるかどうかについて、6月の会合で議論するのではないか、との見方が拡大している。

現在の為替相場の戦略やスタンス

ブルームバーグの報道によれば、ECBの一部メンバーは今年下期に新型コロナウイルス不況からの力強い回復が見込まれることからPEPPの縮小を7~9月期(第3四半期)に開始すべきだと主張する見込み。ECBがPEPPの縮小、つまりテーパリングを開始するとなれば、これまでのドルとユーロの関係が変わってくる。日足ベースでユーロ/米ドルの動向を確認すると3月31日に付けた1.1704ドル付近を安値に今月のユーロ/米ドルはここまでほぼ一方的に上昇。ユーロ/米ドル、ユーロ/円の押し目買いで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み