【FX突撃取材!】11月24日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略

【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2022年11月24日10時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■11月24日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日23日(水)の米ドル/円は終値ベースで約1.1%下落。感謝祭休暇を控えたNY市場でドル売りが強まった。米11月総合PMIの低下を受けて140円台を割り込むと、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の発表後には139.16円前後まで下値を拡大。FOMC議事録では、大多数が「近く利上げペースの減速が適切になる」と主張した一方、多くが「金利の最終的な水準は従来の見通しをやや上回る」との見通しを示したことが明らかになった。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円は、昨日23日(水)の下落で日足一目均衡表の雲下限と転換線を揃って下抜けた。 チャートフェースの悪化によって続落警戒ムードが高まることも考えられる。FOMC議事録で付けた139.16円前後を下抜ければ138円台に差し込む可能性もあるだろう。もっとも、本日24日(木)は米国が感謝祭の祝日のため米債市場は休場(株式市場も休場)。米債利回りに敏感な米ドル/円相場も大きく動きそうにはない。先週16日、17日に下げ渋った138円台後半は下値支持になりそうだ。一方、日足一目均衡表の転換線が通る140.00円付近は強い上値抵抗になると見られる。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>>>質疑応答あり!12/2米雇用統計特別企画オンラインセミナー<<<<<
12月2日(金)21時15分開始!(22時45分まで)
今回は前半、後半の2部構成!
前半では、30年近く為替トレーディングに従事されてきた前波弘氏と小川 統也氏を招き、米雇用統計発表後のマーケットの反応や相場展開について徹底解説。また、今年のドル/円相場の総括と、2023年の見通しも大予想!
後半は、外為どっとコム総研からTEAMハロンズメンバーの黒川健氏が登場し、米雇用統計発表の実況中継を行います。
※外為どっとコムオリジナル手帳のプレゼントもご用意!参加は無料!
質疑応答あり!12/2米雇用統計特別企画オンラインセミナーの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み