【FX突撃取材!】7月29日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略

【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2021年7月29日11時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■7月29日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

米ドル/円は本日29日(木)日本時間未明のFOMC直後、110.27円前後まで上昇したが、パウエルFRB議長の会見中には再び110円台を割り込んだ。FOMCは声明で「米経済は雇用とインフレに関するFRBの目標に向けて進展した」「今後数回の会合で引き続き進捗状況について評価する」としてテーパリングの議論が進行中である事を示唆した。しかし、パウエルFRB議長は「労働市場の状況は改善したが、なお時間がかかる」「インフレは時間の経過とともに低下する」「テーパリング開始時期はデータ次第」などと慎重な姿勢を維持した。

現在の為替相場の戦略やスタンス

一時1.27%台に上昇していた米10年債利回りは議長の会見後に1.22%台へと低下しており、市場では年内にテーパリングが開始されるとの見方が後退している模様。こうした中、目先的にドルの上値は限られそうだ。日足一目均衡表の雲上限(110.10円前後)、20日移動平均線(110.21円前後)、日足一目均衡表の基準線(110.36円前後)などが並ぶ110円台前半は上値抵抗になると見られる。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>質疑応答あり!8/6米雇用統計セミナー<<<<<
8月6日(金)21時開始!(22時10分まで)
大手外銀のHSBCでチーフディーラーを務めた竹内のりひろ氏、元ファンドマネージャーの志摩力男氏を迎えてのディスカッションです。これまで堅調だった高金利通貨が下落に転じ、マーケットの雲行きがあやしくなってきた2021年夏の為替市場。新型コロナウイルスの感染再拡大が指摘される中、米国経済の回復は続くのか。また、マーケット変調の可能性は?月初にふさわしいFX情報ギッシリの内容です。
※FX書籍のプレゼントもご用意!参加は無料!
質疑応答あり!8/6米雇用統計セミナーの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み