10月3日(月曜日)の為替相場の注目材料と指標ランク

カテゴリ:今日の為替相場2022年10月

月曜日FX ■□■今日の為替相場の注目材料と指標ランク■□■
更新履歴
★「スケジュール表と指標ランク」→【10月2日12時30分にアップ→【10月3日15時00分に最終更新
★「詳細情報や羊飼いの相場観」→【10月3日6時25分にアップ→【10月3日6時25分に最終更新


[羊飼い限定・特典]1万通貨取引で2千円!ライオンFX★取引で貰える食べモノも人気の秘密♪


【為替相場】本日の必見イベント&経済指標はコレだ!! >>FX経済指標通知システム
・08時50分:日)第3四半期日銀短観
・08時50分:日)BOJ主な意見公表(9月21日・22日開催分)
・22時05分:米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし)
・23時00分:米)ISM製造業景況指数
・28時10分:米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
羊飼いのTwitterアカウント
その他、注目点及び懸念点など
オーストラリアが祝日で休場
中国が祝日で休場(10月1日~7日まで)
10月月初め・四半期初め(本日が10月月初めでの最初の営業日)
週明け
・4日(火)→オーストラリアの金融政策の発表
・5日(水)→ニュージーランドの金融政策の発表、OPECプラス閣僚級会合、米国のADP全米雇用報告の発表、米国のISM製造業指数の発表
・6日(木)→ECB議事録の公表(9月8日開催分)
・7日(金)→米国の雇用統計の発表
・10月月初め・四半期初め要因(10月3日が10月月初めでの最初の営業日)
・日本による為替介入(9月22日に日本円買い介入を実施)
・英国のトリプル安(英国の株式・債券・通貨が乱高下、9月28日にBOEが長期国債を無制限で買い入れる緊急措置を行うと発表→期限は10月14日まで)
・米国の国債利回りの動向
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の金融政策への思惑(9月21日に金融政策の発表を消化→来週10月13日に議事録の公表を予定、引き続き経済指標の内容やFRB高官の発言、インフレ動向、今後の金融政策への思惑がキモ)
・金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に大きな注目が集まる)
・米国のインフレの動向(経済指標などで今後の思惑高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(今週はISM製造業指数と雇用統計がメイン)
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向(5日にOPECプラス閣僚級会合を予定)
・日本の金融政策への思惑(9月22日に金融政策の発表を消化、毎営業日指値オペを実施中)
・欧州の金融政策への思惑(9月8日に金融政策の発表を消化→今週10月6日に議事録の公表を予定)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)

10月3日(月)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&影響度)
市場
予想値
前回
発表値
オーストラリアが祝日で休場
中国が祝日で休場(10月1日~7日まで)
10月月初め・四半期初め(10月3日が10月月初めでの最初の営業日)
週明け
・4日(火)→オーストラリアの金融政策の発表
・5日(水)→ニュージーランドの金融政策の発表、OPECプラス閣僚級会合、米国のADP全米雇用報告の発表、米国のISM製造業指数の発表
・6日(木)→ECB議事録の公表(9月8日開催分)
・7日(金)→米国の雇用統計の発表
08:50 日本 日)第3四半期日銀短観
[大企業製造業業況判断]
→過去発表時[ドル円]
+11 +9
日本 ↑・[大企業製造業先行き] +11 +10
日本 ↑・[大企業非製造業業況判断] +13 +13
日本 ↑・[大企業非製造業先行き] +15 +15
日本 ↑・[設備投資計画] +18.8% +18.6%
日本 日)BOJ主な意見公表(9月21日・22日開催分)
- -
15:30 スイス ス)消費者物価指数
[前月比/前年比]
+0.1% +0.3%
+3.6% +3.5%
15:45 フランス 仏)財政収支
- -1312億
16:00 トルコ ト)製造業PMI
- 47.4
トルコ ト)消費者物価指数
[前月比/前年比]
+3.15% +1.46%
+83.50% +80.21%
↑・消費者物価指数【コア】 +68.60% +66.08%
トルコ ト)生産者物価指数
[前月比/前年比]
- +2.41%
- +143.75%
16:30 スイス ス)製造業PMI
54.6 56.4
16:50 フランス 仏)製造業PMI【確報値】
47.8 47.8
16:55 ドイツ 独)製造業PMI【確報値】
48.3 48.3
17:00 ユーロ圏 欧)製造業PMI【確報値】
48.5 48.5
17:30 英国 英)製造業PMI【確報値】
48.5 48.5
22:05 米国 米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし)
要人発言
22:45 米国 米)製造業PMI【確報値】
51.8 51.8
23:00 米国 米)ISM製造業景況指数
→過去発表時[ユーロドル][ドル円]
52.2 52.8
米国 米)建設支出
→過去発表時[ユーロドル][ドル円]
-0.3% -0.4%
27:00 英国 英)マンMPC委員の発言
要人発言
28:10 米国 米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
要人発言
文字が、普通→太字赤色太字の順番で重要なものになる。
ピンク太字→金融政策関連のもの
オレンジのバックは金融政策関連
ピンクのバックは米国の材料
緑のバックは企業の決算
黄のバックは要人発言
重要ランクについて

米国の経済指標はの7段階で表記

その他の経済指標はの4段階で表記

※15時~20時に市場予想値(コンセンサス)の最新の数値をチェックし、更新した数値は赤字で表記



■□□最新のFXキャッシュバックお得ランキング→→【詳細】


詳細情報は↓↓↓続きをどうぞ!(※「続き」以降の部分と2段階に分けて更新)
→【詳細部分は、10月3日6時25分に追記済み




■□■本日の為替相場の注目点とその見通し(客観的な視点)■□■(※毎日更新)

本日の為替相場の焦点は、『日本による為替介入』と『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』、そして『10月月初め・四半期初め要因(本日が月初め最初)』にあり。

米国の経済指標及びイベントは、
・22時05分:米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし)
※1・23時00分:米)ISM製造業景況指数
・28時10分:米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
に注目が集まる。

米国以外では、
・08時50分:日)第3四半期日銀短観
・08時50分:日)BOJ主な意見公表(9月21日・22日開催分)
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
オーストラリアが祝日で休場
中国が祝日で休場(10月1日~7日まで)
10月月初め・四半期初め(本日が10月月初めでの最初の営業日)
週明け
・4日(火)→オーストラリアの金融政策の発表
・5日(水)→ニュージーランドの金融政策の発表、OPECプラス閣僚級会合、米国のADP全米雇用報告の発表、米国のISM製造業指数の発表
・6日(木)→ECB議事録の公表(9月8日開催分)
・7日(金)→米国の雇用統計の発表
・10月月初め・四半期初め要因(10月3日が10月月初めでの最初の営業日)
・日本による為替介入(9月22日に日本円買い介入を実施)
・英国のトリプル安(英国の株式・債券・通貨が乱高下、9月28日にBOEが長期国債を無制限で買い入れる緊急措置を行うと発表→期限は10月14日まで)
・米国の国債利回りの動向
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の金融政策への思惑(9月21日に金融政策の発表を消化→来週10月13日に議事録の公表を予定、引き続き経済指標の内容やFRB高官の発言、インフレ動向、今後の金融政策への思惑がキモ)
・金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に大きな注目が集まる)
・米国のインフレの動向(経済指標などで今後の思惑高まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(今週はISM製造業指数と雇用統計がメイン)
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向(5日にOPECプラス閣僚級会合を予定)
・日本の金融政策への思惑(9月22日に金融政策の発表を消化、毎営業日指値オペを実施中)
・欧州の金融政策への思惑(9月8日に金融政策の発表を消化→今週10月6日に議事録の公表を予定)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
などが重要となる。

★★★

本日は、オーストラリアと中国が祝日で休場(中国は7日まで連休)だが、10月月初めでの最初の営業日かつ週明け月曜日

本日の米国の経済指標は、ISM製造業景況指数がメイン。
一方、経済指標以外のイベントでは、ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)が予定されている。

また、明日にはオーストラリアの金融政策の発表、5日(水)にはニュージーランドの金融政策の発表を控える。

今週の為替相場は、週明けから米ドル買いの流れが優勢となっていたが、英中銀が長期国債を無制限で買い入れる緊急措置を行うと発表した事で→英国の金利が低下し→それが波及して米国の金利も低下して→米ドル売り&米株買い戻しの流れが優勢に。ドル円は144円割れまで下落し、ユーロドルは0.97半ばまで上昇した。しかし、そこから行って来いとなった後に→週末・月末・四半期末での動きも出て、米ドル買いの流れが優勢な中、、英ポンドやユーロが買われ、オセアニア通貨が売られる展開に。ドル円は144円台で上下→再度144円後半まで上昇して、ユーロドルは0.980丁度を挟んで上下→0.98丁度付近で、週末のクローズを迎えた。

週明けの為替相場は、先週末の終値と同レベルでスタートしている。

本日は、日本による為替介入(9月22日に日本円買い介入を実施)英国のトリプル安(英国の株式・債券・通貨が乱高下、BOEが長期国債無制限買い入れを発表)主要な株式市場及び米国債利回りの動向米国の金融政策への思惑10月月初め・四半期初め要因(本日が月初め最初)が重要となる。
その他、米ドル・日本円・ユーロの方向性金融当局者や要人による発言(FRB高官の発言に注目が集まる)米国のインフレの動向金融市場のリスク許容度原油と金を中心とした商品市場などにも注意したい。

本日発表の注目材料の詳細
※1・23時00分:米)ISM製造業景況指数
今週前半の注目材料の詳細は月曜日・夕方の記事を参照




■□■本日のトレード用のエサ(羊飼いの見解)■□■(※毎日更新)

・22時05分:米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし)
・23時00分:米)ISM製造業景況指数
・28時10分:米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
10月月初めでの最初の営業日かつ週明け月曜日
色々な所から煙が立ち上っていて難しい局面
ドル円は日本による介入やそれに対する思惑を利用してのトレード、ユーロドルは戻り売り、を考えている

今週の為替相場の焦点など
[先週の金融市場の終値]+[主要国・政策金利]9月30日クローズ】(※毎週土曜)
[10月3日~の週]為替相場の注目材料スケジュールと焦点】(※毎週日曜)
【[10月3日~の週]為替相場の『先週の復習』と『今週の予習』】(※毎週月曜)
【[今週後半]発表の注目イベントを厳選して「羊飼い秘蔵データ」】(※毎週水曜)



主要国の金融政策発表(2022年対応版)
8月2日▼オーストラリア
8月4日▼英国
8月18日▼トルコ
9月6日■オーストラリア
9月7日■カナダ
9月8日■欧州
9月21日■米国
9月22日■日本、スイス、英国、トルコ、南アフリカ(※英国はエリザベス女王絡みで15日の予定→22日に変更)
10月4日◎オーストラリア
10月5日◎ニュージーランド

10月20日◎トルコ
10月26日◎カナダ
10月27日◎欧州
10月28日◎日本
11月1日★オーストラリア
11月2日★米国
11月3日★英国
11月23日★ニュージーランド
11月24日★トルコ、南アフリカ
12月6日◇オーストラリア
12月7日◇カナダ
12月14日◇米国
12月15日◇スイス、英国、欧州
12月20日◇日本
12月22日◇トルコ
■主要国の休場日■
8月1日▼スイス、カナダ
8月11日▼日本
8月29日▼英国
8月30日▼トルコ
9月5日■カナダ、米国
9月12日■香港、中国
9月19日■日本、英国(エリザベス女王の国葬)
9月22日■オーストラリア(エリザベス女王の死去を悼んで)
9月23日■日本
9月30日■カナダ
10月3日◎オーストラリア、中国
10月4日◎香港、中国
10月5日◎中国
10月6日◎中国
10月7日◎中国

10月10日◎日本、米国、カナダ
10月24日◎ニュージーランド
10月29日◎トルコ
便利ツール
重要指標の過去発表時のチャート早見表
羊飼い特製『為替相場ノート』PDF版
FX(外国為替)重要指標直前通知システム
FX口座開設キャンペーン一覧
今月のFXキャンペーン凄い順
FX比較ロボ
・LINE@ID:@forex
羊飼いのLINEスタンプ
投資猫のLINEスタンプ
羊飼いのFXアプリ(iPhone版)
羊飼いのTwitter
羊飼いのFXメルマガ
本日の経済指標メルマガ
FX重要経済指標直前通知メルマガ
2022年・2023年★主要各国の金融政策発表[政策金利発表]スケジュール
為替相場3大市場対照表【2022年夏時間バージョン】
羊飼いのFXブログのTOPページはこちら
の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み