このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

FX取引会社選び月曜日取引開始時間/バイナリーOP/自動売買・シグナル/iPhone
週間FX★週間注目材料スケジュールと焦点★
【9月2日~の週】為替相場の注目材料スケジュールと焦点!
→更新履歴:★9月1日[13時00分]記事アップ→9月1日[17時36分]最終更新



この記事の続きはコチラ

FX比較◆◇米ドル円をショートした時のマイナススワップが少ない順◆◇◆
FXの魅力はそのコストの安さとレバレッジの力を使える事。
そして、スワップ金利が貰える事にもあるが、スワップ金利はポジションの方向によっては、マイナスになる事もある。
米ドル円をショートする場合などもそうだ。
マイナスのスワップ金利は為替の変動による為替差益に比べれば微々たるモノだが、ポジションの保有期間がながくなるとジリジリとボディブローの様に効いてくる。
しかし、トレードをしているとスワップ金利がマイナスになる米ドル円やクロス円を中長期的にショートするべき時がある。
米ドル円をショートしてもスワップ金利が少ないFX会社はどこ!?
この記事のFX会社比較は、米ドル円をショートした場合のスワップ金利が少ない順に並べてみた。
ここで、最新の『主要なFX会社のスワップ金利比較』を見てみよう!


この記事の続きはコチラ

高スペック人気順

2019年11月1日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
LIGHT FX米ドル/円スプレッド0.1銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る
過去ログ