【FX突撃取材!】5月22日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2020年5月22日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】5月22日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■5月22日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日21日(木)の米国株は反落。トランプ米大統領が対中強硬姿勢を自身の再選に向け焦点にする兆候が強まっているとの報道に対し、中国側が反発したことで米中関係の緊張が高まったことを嫌気した展開。「全人代開幕を控え、全人代の報道官は、一部の議員による賠償を求める動きについて、中国は新型コロナの感染拡大に関する訴訟の乱用や不当な賠償請求は一切受け入れない。自国の主権と安全保障、国益を守るとし、対抗措置をとる可能性を示唆した(出所:ブルームバーグ)。」ナスダックは1%下落。NYダウは101ドル安の2万4474ドルでクローズ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米国株の上値が重くなったことで、過去2カ月上昇を続けてきた豪ドル/円の上値が重くなっている。加えて、西原氏が懸念しているのが豪ドル/NZドル。過去2カ月の豪ドルの急騰は豪ドル/NZドルの上昇も大きく寄与している。個人的に、豪ドル/米ドルに対して強気な理由としては、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])がマイナス金利に対して積極的ではないことが挙げられる。豪州とニュージーランドの中央銀行が掲げる、金融政策のスタンスの相違から為替を考えてみると、RBAはタカ派であり、RBNZはハト派なので、豪ドル/NZドルは上昇ということになる。このことが過去2カ月豪ドル/NZドルを押し上げており、同時に豪ドルが他通貨に対しても続伸してきた要因となる。ただその豪ドル/NZドルの快進撃にも少々懸念が生じてきており、18日(月)に1.0844ドルの高値をつけ反落を開始している。豪ドル/NZドルの反発が豪ドル/円の59円台からの急騰を牽引してきたのであれば、今週に入ってからの豪ドル/NZドルのじり安傾向は、豪ドル/円の反落を示唆しているともいえる。豪ドル/円の戻り売りで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<豪ドル/円 日足チャート>
豪ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み