【FX突撃取材!】4月13日(火曜日)■志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

志摩力男 FX戦略

羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2021年4月13日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■4月13日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

大きな流れから言うと、昨年2020年の夏から秋にかけてFRBは当面利上げをしない姿勢だったため、米長期金利は低いままでドルが下落していた。しかしながら実際に起こったことはFRBは長期金利に関しては放置姿勢のため、経済実体に合わせて、いずれコロナが克服され、経済活動が活発化することを織り込んで長期金利が上昇し、ドルも連れて急反発するという展開だった。

現在の為替相場の戦略やスタンス

現在のマーケットのセンチメントとしては、米国は好景気になるので長期金利がどんどん上昇し、ドルもまだまだ上昇するというスタンスだろう。確かにそれはそれで間違っているとは思わないし、長期金利は1.6~1.7%付近で落ち着き、低下することもなさそうだ。ただ、多くの人が見落としがちなのが、コロナワクチンに関しては米国や英国のみならず、そのうち欧州でも進んでいくこと。そうなると、欧州の景況感が劇的に変化するだろう。現在の欧州のワクチン接種率は13%程度と低いが、おそらく6月頃には現在の米国くらいの水準になり、経済が復活するのではないだろうか。その流れが数カ月後に見えていることから、ユーロ/米ドルは1.2000ドルを超えて、1.2200ドル付近までのリバウンドを視野に入れている。

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら


>>>>>志摩力男さんのFXプレミアムビデオスクール<<<<<
志摩力男さんがFXプレミアムビデオスクールを開講したようです!
トレードの実践に役立つ情報やプロだけが見ている情報を切り取って提供。
テクニカル分析&ファンダメンタルズ分析を理解し、
FX取引結果を向上させる技術と知識の習得を目指すスクールとの事。

>>>志摩力男さんの[FXプレミアムビデオスクール]の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み