【FX突撃取材!】1月5日(火曜日)■志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

志摩力男 FX戦略

羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2021年1月5日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■1月5日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

今年2021年の全体的なコンセンサスとしてはドル安のようだが、本日5日(火)日本時間夜に行われる米ジョージア州上院決選投票が目先の大きなリスクとなりそうだ。ここで民主党議員が2議席を獲得すると民主党が上院を支配することになる。そうなれば、米国の政策はガラリと変わることになり、株式市場は瞬間的には、リスクオフの方向に動くことになりそうだ。民主党か共和党かどちらが勝つかはわからないが、これまで2000ドルの追加経済対策を妨害してきたのが共和党上院であることをみてきたため、追加支援として2000ドルが欲しい人は共和党支持者だったとしても民主党に投票してしまいそうな雰囲気はある。よって下馬評よりも民主党が2議席取る可能性の方が高いため、目先はリスクオフに警戒したい。

現在の為替相場の戦略やスタンス

ポンドについてだが、英国が3度目のロックダウンに入った。また英国とEUの通商協議での合意が実現。しかしながら市場の反応を見ると、合意はかなり織り込み済みだったと言えそうだ。今回の3度目のロックダウンの影響が大きいため、市場がポンドロングに傾いていることを考えると、ポンドは下落リスクが高い。英ポンド/米ドルで1.33ドル付近にサポートラインがあるが、これを下抜けするようであればちょっとした事件だろう。

<英ポンド/米ドル 日足チャート>
英ポンド/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら


>>>>>志摩力男さんのFXプレミアムビデオスクール<<<<<
志摩力男さんがFXプレミアムビデオスクールを開講したようです!
トレードの実践に役立つ情報やプロだけが見ている情報を切り取って提供。
テクニカル分析&ファンダメンタルズ分析を理解し、
FX取引結果を向上させる技術と知識の習得を目指すスクールとの事。

>>>志摩力男さんの[FXプレミアムビデオスクール]の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み