このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2019年08月27日

志摩力男 FX戦略
羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2019年8月27日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■8月27日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

米中貿易戦争は依然としてマーケットの主たるテーマだ。先週23日(金)に、米中はお互いに報復関税をかけあったが、昨日26日(月)はお互いに貿易協議を進めるとの報道があり、米中貿易合意の期待からリスクオン相場へ転換した。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米中合意期待が高まっているものの、よく精査すると、両者とも特別何か言っているわけではないのが実情。トランプ米大統領は特に、これまで何度も合意が近いと市場をだましており、トランプ米大統領自身がフェイクニュースだ。そうそう簡単に合意に至るわけはないため、引き続き米ドル/円やクロス円が上昇したところを戻り売りスタンスでいいだろう。特に英ポンド円に関しては、来週英国議会が始まるが、やはり欧州側が納得のできるバックストップの代案を英国が出してくることは容易ではない。そのため、やはり合意なき離脱の恐れから英ポンド/円は戻り売りになりやすいだろう。具体的には米ドル/円は106円台以上、英ポンド/円は130円以上で戻り売りで125円方向を想定している。

<英ポンド/円 日足チャート>
英ポンド/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

FXブログTOPへ
PC版を見る