このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2019年06月04日

志摩力男 FX戦略
羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男の実践リアルトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男の実戦リアルトレード]の詳細はこちら



それでは、2019年6月4日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■6月4日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

昨日3日(月)、米セントルイス連銀のブラード総裁が米国の利下げについて述べた。これを受けて、ここ最近までリスクオフ方向で動いていたマーケットの様相が一変した。現在の米国の景気は決して悪くないが、貿易戦争に向けて、しかも近いうちに利下げをする可能性が出てきた。米国は貿易戦争に対して挙国一致で臨む姿勢だ。利下げ発言後、米長期金利が急低下しているが、米国が金融緩和に進む可能性が高く、そうなるとドルインデックスは落ち、米ドル/円も下げ圧力がかかるだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

ユーロ/米ドルに関しては米国が金融緩和をしても欧州はこれ以上の金融緩和は困難なため、ユーロは反発する可能性が出てきた。すぐではないにせよ、米国の政策次第では、ユーロの底入れがあるかもしれない。ユーロ/米ドルは1.15ドル方向、米ドル/円で105円方向が視野に。豪ドル/円なども下がるだろうが、焦点がドルストレートになっているのでトレードもドルストレートで臨んだ方が良さそうだ。

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男の実戦リアルトレード]の詳細はこちら

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

高スペック人気順

2019年11月1日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定
LIGHT FX米ドル/円スプレッド0.1銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら 
FXブログTOPへ
PC版を見る