【FX突撃取材!】1月20日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年1月20日11時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】1月20日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■1月20日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

イエレン次期米財務長官は、米国が優位性を得るために弱い為替相場を目指すことはないと言明。さらに、人為的に通貨価値を操作する外国の試みに反対すべく取り組みを行っていくとコメント。ただこれは事前に報道されていた内容であり、相場に影響はなし。本日20日(水)はバイデン米大統領就任式に向けて、米国では警備が一段と厳しくなっているようだ。6日(水)にトランプ米大統領のサポーターによる連邦議会議事堂乱入で5人が死亡した事件を受けて、ワシントン中に州兵が配備され、就任式が行われる議事堂やホワイトハウスは高いフェンスに囲まれている模様。ユーラシア・グループのイアン・ブレマー氏の意見の通り、米国の分断は根強く、バイデン氏の米大統領就任式前後に再び何か事件が起きる可能性もあるため、今週は米国の報道に要注意。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米国株の反落を引き起こすのはやはり米金利ではないかと想定している。10年債が一時1.1855%まで上昇した時に、米国株の上値が重くなったが、その後反落。それに連れて、米国株も反発しているが、10年債は依然として、1.11%レベルであるため、米10年債の利回りに注目といったところだろうか。米10年債利回りの推移をチェックしつつ、ユーロ/米ドルの戻り売りで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み