【FX突撃取材!】11月15日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略
羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2019年11月15日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】11月15日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■11月15日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日14日(木)のNY市場では米ドル/円が108.24円まで下落。米国と中国が貿易合意「第1段階」の取りまとめで難航しているとの報道がきっかけで円高が進んだ展開。原油は下落、金は上昇。一方、FRBのパウエル議長は2日目の議会証言で、低金利環境において米金融当局の利下げ余地は小さくなっていると指摘。製造業の弱さが波及している状況は見られないとコメント。NYダウは一時100ドル超下落。リスクオフの流れの中、日経平均先物は大証終値比120円安の2万3000円を付ける局面も。ただNYクローズでNYダウは下げ幅を縮小。マーケットは本邦機関投資家と憶測されていた米ドル/円の108.50円のまとまったドル買いを飲み込み、下落。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円はやっと108.50円と109.50円のレンジをブレイクした形。ただ安値は108.24円となかなかボラティリティが上がってこない状態。米ドル/円は依然として109.50円、110.00円のバリアオプションが上値をおさえている。株が下落する中、今週はユーロ/円の売りが目立ち、ユーロ/円も119.25円まで下落。一方、英ポンド/米ドルは1.2880ドルに反発。本日15日(金)は日経平均が2万3000円をサポートできるかどうかに注目。ストップを109.50円超えに設定して、米ドル/円の戻り売り継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み