【FX突撃取材!】6月28日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略
羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2019年6月28日9時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】6月28日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■6月28日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日27日(木)のS&Pは5日ぶりに上昇。明日29日(土)、30日(日)に行われる大阪G20での米中首脳会談での休戦期待が高まったことが要因。しかしウォール・ストリート・ジャーナルによれば、中国が休戦条件のひとつとして上げているのがファーウェイの技術に対する米国技術売却禁止を米国が撤回することを求めているとのこと。これを米国が撤回する可能性は低いと想定されるため、米中首脳会談は協議を継続するといった内容で終わるのではないかと想定している。米中首脳会談後はリスクオフ相場が再開される可能性が高いと想定しているが、逆にいえば短期では首脳会談を控えて、リスクオフポジションが買い戻される可能性も高いともいえる。

現在の為替相場の戦略やスタンス

西原氏が常時チェックしているチャートであるデマーク・インディケーターは先週で9-13-9を終了して、豪ドル/円のボトムアウトを示唆。このサインは先週から気がついていたが、豪ドル/円が反発するイメージをなかなか描けなかった。しかし、週初に豪ドル/米ドルがRBA総裁のタカ派なコメントで反発を開始。RBA総裁のコメント以降、マーケットには様々なヘッドラインが流れるも、豪ドル/米ドルはほとんど押し目をみせておらず、結局節目の0.7000ドルを回復した。豪ドル/ドルはもう一段反発する可能性も。一方、米ドル/円が年初来安値を更新するも106円台を維持できなかったことから反発(1月3日のフラッシュ・クラッシュ時の安値を除くと年初来安値は107.11円レベル)。米ドル/円の年初来安値の水準では本邦機関投資家のドル買いも観測されており、107.00円レベルは極めて重要なサポートであること。加えて本日28日(金)は米ドル/円の107.50円にオプションサイドからドル買いがまとまって出る可能性があることもあり、米中首脳会談を控えて、米ドル/円はポジション調整による反発で108円台を回復する可能性が高く、戻り待ち。ただG20を控えてリスクコントロールには十分注意したいところだ。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み