【FX突撃取材!】9月2日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略

【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2021年9月2日11時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■9月2日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日1日(水)発表された8月のADP全米雇用報告は予想を大きく下回る37万4000人増にとどまった。これを受けてドルが売られており、明日3日(金)の米8月雇用統計にも下振れへの警戒感が広がりつつあるようだ。なお、昨日1日(水)は米8月ISM景況指数の構成項目である雇用指数も49.0に低下した。もっとも、ADP全米雇用報告が示す雇用者数と米労働省の雇用統計が示す非農業部門雇用者数(NFP)の間に強い相関性は認められない。前回7月分も、ADPは33万人増に伸びが減速した一方で、NFPは94万3000人増に加速した。

現在の為替相場の戦略やスタンス

そうした中、本日2日(木)は米新規失業保険申請件数が発表される。市場予想によると、昨春のコロナ禍以降で最低となる34万5000件に改善すると見られており、市場にくすぶる米8月雇用統計への警戒感を緩和できるか注目したい。ただし、新規失業保険申請件数が期待に反して悪化(増加)するようなら、米ドル/円は100日移動平均線(109.69円前後)を下抜けて下げ足を速める可能性もあるため注意が必要だろう。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>質疑応答あり!9/3米雇用統計セミナー<<<<<
9月3日(金)21時開始!(22時10分まで)
新聞・テレビでもおなじみ、シティグループ証券の高島修氏と、フリーアナウンサーで個人投資家としても活躍する大橋ひろこ氏がオンラインで参加。アフガニスタン情勢、中国経済の減速、新型コロナウイルスの蔓延拡大でワクチン限界説がささやかれるなど、様々なリスクが併存する中、有効な外貨投資戦略とは。ディスカッション形式で議論します。また、米テーパリングと米経済の行方も分析します。
※Amazonギフト券のプレゼントもご用意!参加は無料!
質疑応答あり!9/3米雇用統計セミナーの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み