【FX突撃取材!】6月17日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略

【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2021年6月17日11時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■6月17日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

米連邦公開市場委員会(FOMC)は一昨日15日(火)~昨日16日(水)の会合で、予想通りに政策金利と資産買い入れの規模を据え置いた。声明にも大きな変更はなく、テーパリング(量的緩和の段階的な縮小)に関する直接的な言及もなかった。ところが、同時に公表した政策金利見通しを示すドットプロットは意外なほどタカ派的であった。18人のメンバー中13人が2023年末までのゼロ金利解除を予想した上に、そのうち11人が2023年中に2回以上の利上げを見込んでいる事が明らかとなったのだ。多くの市場参加者にとって、2023年のゼロ金利解除予想は想定内だったが、複数回の利上げ予想は完全に想定外だったと考えられる。米債市場では10年債利回りのみならず2年債利回りも急伸した。なお、2022年末までのゼロ金利解除を18人中7人が予想しており、今後も米経済の回復基調が続けば、来年にも利上げが行われるとの見方が一般化する可能性もあるだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今回のFOMCで市場の関心はテーパリングを一気に飛び越えて利上げに移った模様であり、当面はドルのサポート要因となる公算が大きい。利上げへの距離感を測る材料のひとつとして本日17日(木)は米新規失業保険申請件数に注目したい。市場予想の36万件以上に改善(減少)すれば、米ドル/円は110.96円前後の年初来高値の更新が視野に入りそうだ。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>外為どっとコム×羊飼いのFXブログ特別タイアップキャンペーン実施中<<<<<
口座開設+初回入金と取引量に応じて10万3000円キャッシュバック!
スプレッドも全通貨ペアで業界最狭水準を提供!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3000円キャッシュバック
※キャンペーン期間は口座開設月から翌々月末まで(2021/2/1より開始)
新規口座開設で最大10万6000円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み