【FX突撃取材!】6月28日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
小林芳彦 FX戦略

FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2022年6月28日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■6月28日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

先週は、岸田首相と黒田日銀総裁の会談や、中尾元財務官が「政府・日銀の介入の可能性は否定できない」と発言したことで少し円高に振れた場面もあった。しかしながらこの2人の会談で円安懸念を表明したところで、ほぼ影響はないとみており、また中尾氏の発言もこう答えるしかないのではという雰囲気を感じる。というのは、会見で記者がどのように質問したかはわからないが、例えば、「日銀のドル売り介入の可能性はゼロなのでしょうか」と質問した場合、「可能性はゼロです」とは言えないため、こういった回答になるわけだ。もちろんこの発言だけを字面で見るとマーケットは反応するだろう。ただし、どちらの可能性もあるように言っておくことがいわば最も無難なため、こう答えたのではないかという気がする。しかも米国が介入に対して否定的な中での介入というのはおそらく不可能だろう。米国はインフレを何とかしなければならないと奮闘中で、株が崩れようが何だろうがとにかく利上げをしている訳だ。そんなときにドル高になれば、輸入物価水準は少しは安くなるので、米国がそれを止めることはないと思う。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは133.25~137.25円。今週はポジション調整が入るも底堅い週となりそうだ。米ドル/円は先週、134円も割れなかったぐらいなので、133円台までは落ちていかないだろうが、押したところは買っていきたい。海外勢が出てくる欧州時間にはまたドル高方向に行くのではないか。なので下がったところは丁寧に押し目買いをするスタンス。直近では136.71円付近で上値を止められているので、このレベルでは利食いも出やすいだろうし、これを抜けたからといって140円まで一気に棒上げするかと言えばそれはないと思っている。137円台では上値抵抗がたくさん出ている。よってロングを仕込んでも137円に乗る手前、136円台ではしっかり利食いたい。基本は相場を見ながら押し目を買うスタンスを継続していきたい。「365歩のマーチ」ではないが、「3歩進んで2歩下がる」の下がるときに高値でロングを持っていると切らされるので、ロングも利食ってまた次に押しをダメもとで指値を入れて置いたりと、回転させるほうがいいだろう。また、ないとは思うがもし日銀が長期金利を0.25%から少しでも引き上げるようなことがあれば、これは相当円高に振れることになるだろう。よって念頭には置いておいたほうがいいが、ショートを振る気にはなれないので、しっかり利食いをしつつ、押し目を待つ、そんな戦略で考えている。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商は業界最狭水準の低スプレッドを提供中<<<<<
定番のドル円スプレッドは0.2~0.9銭!!
さらに、豪ドル円は0.6銭、ユーロドルは0.3pips!
特定の通貨ペアの取引量に応じて貰えるキャッシュバックキャンペーンあり♪
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み