【FX突撃取材!】1月14日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年1月14日11時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】1月14日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■1月14日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

現時点で、殆どの市場参加者が「インフレに対応して米金利が上昇する」と考えていると思う。それがマーケットのコンセンサスになっているといえる。ただトレードする時に問題になるのが、ドル金利の上昇でドルは本当に上がるのかという点だ。米ドル/円に関しては、あまり異論はなく、ドル金利の上昇が急ピッチであれば、グロース株の急落を招き、それが資源国通貨円の売り圧力となる。豪ドル/円を筆頭に、クロス円の急落に連れ、米ドル/円は反落する可能性があるということはマーケットである程度警戒されている。 これに加え、マーケット参加者の中には、金利上昇が本格化する初動では、株の動向に加え、米ドル/円が下落する傾向があるとの指摘もある。これは米10年債利回りの上昇過程で、債権の投げ売りが持ち込まれることにより、その円転による円買いが出るのではと見られている。これに加え本日14日(金)にブルームバーグが気になるレポートを出していた。それはドルと米国債利回りの関係に亀裂が生じ始めたというもの。
------------
市場では今年最大4回の利上げが織り込まれているものの、ブルームバーグ・ドル指数はほぼ2カ月ぶりの水準に低下。モルガン・スタンレーはドル上昇分の大半が織り込み済みだと指摘しており、投資家はドルの軌道を見極める上でFOMCの政策の先を見越す必要があるかもしれない。(出所:ブルームバーグ)
------------

<米2年債利回りとブルームバーグドルインデックスの相関チャート>(出所:ブルームバーグ)
米2年債利回りとブルームバーグドルインデックスの相関チャート
※クリックで拡大します

現在の為替相場の戦略やスタンス

今年2022年に入って、確かに2年債利回りが急騰するのに追随してドルは下がっている。この相関が今後もトレンドとして継続できるかどうかにマーケットは注目しているともいえる。ドル金利が下がれば、米ドル/円の上値が重くなることは変わらないが、米2年債利回りが上昇しても、当面米ドル/円が値を下げるのであれば、米ドル/円を押し上げる要因は極めて限定的ということになる。スタンスは変わらず、米ドル/円の戻り売り。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み