【FX突撃取材!】6月14日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略
羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2019年6月14日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】6月14日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■6月14日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日13日(木)のNY市場で注目されたのが、タンカーが攻撃されたこと。ホルムズ海峡で日本の船舶を含むタンカー2隻が攻撃されたことについて、ポンペオ米国務長官はイランに責任があると断定。これによって軍事衝突のリスクが高まっている。タンカー攻撃を受け、NY原油先物は一時4.5%も急騰。一部報道によれば、イランのザリフ外相はイランの敵が犯人の可能性があるとし、域内の対話をあらためて求めたとしています。米国株は3日ぶりに反発。米国債は続伸、米ドル/円は上値の重い展開。一方イギリス保守党の党首選では、党所属の下院議員による最初の投票が13日に実施され、ボリスが114票を得て、一位となった模様。ハント外相が43票で2位。計7人が臨む第2回投票は来週18日(火)に行われる予定。

現在の為替相場の戦略やスタンス

商品市場では、ゴールドの1350ドルに注目が集まっている。過去5年で何度も跳ね返されているレベルが1350ドル。ヘッジファンド運用者のポール・チューダー・ジョーンズは今回の局面ではブレイクする可能性が高く、今後12~24ヶ月の投資推奨をゴールドとし、仮に1400ドルを超えられれば、1700ドルまですぐに到達する可能性があるとした。ゴールドの反発もドル安要因。スタンスは104円台に向け、米ドル/円の戻り売り継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み