【FX突撃取材!】10月12日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
小林芳彦 FX戦略

FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2021年10月12日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■10月12日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

今週の米ドル/円のイメージは、(ちあきなおみではないが)「あれは3年前」だ。3年前の2018年末に113円台後半を付けたそのレベルまで戻ってきた。昨日11日(月)の朝時点では112.20円割れもあったのに1日で激変。これは非常に多くの「買えていない人たち」がいるという状況だろう。考えられるパターンは以下。1つ目は、ショートを振った人の損切りがまだ出来ていないこと。2つ目は下でかけたヘッジの買い戻しをしなければならない機関投資家がいるのではないかということ。3つ目に外債投資を考えていた人たちの買い遅れ感。そして最後に本邦輸入企業の買い遅れ。これに関しては、約1年前、原油価格が39ドルだったのが、現在80ドルを超えてきて昨日11日(月)は82ドル辺りだった。ということは原油の輸入量は同じでも支払い外貨が2倍になってしまっている。そうなれば当然前もってある程度の量を予約してディスカウントを試みるだろうが、そうなればなおさら決済のための外貨が必要になり、不足するという事態を招く。そのため、落ちるのを待っていたが少しでも高くなる前に買わざるを得なくなり、そうした「仕方なく買わざるを得ない買い」も出ているようだ。そんなドル買いが出来てない状況の一方、ドル売りはというと、ずっと売り上がってきているのでそれなりにお腹一杯だろう。そうするともう少し引き付けて売るか、113円台後半で大きく跳ねたら売りで仕掛けてくるかもしれないが、昨日11日(月)の水準では慌てて売ってこないと思うので、そうなると東京市場でのドルの需給バランスが大きく不足に傾いているのではないだろうかという気がする。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは110.80~113.80円。レベル感でショートを振るのは危険だ。どこかで市場のセンチメントが「買って行かなければならない」とブルになってみんなが飛びつき買いをして、ポジション全体がショートからロングに傾いたときに初めて大きな調整で落ちる訳であって、ショートを持っている人が踏ん張っている間は落ちないだろう。なので方針としては、恐々ではあるが、113円の前半を買ってみて、ダメなら112.80円で切って、再度112.50円割れを買ってみてダメなら112.20円で切るみたいなことをやらざるを得ないかと思っている。利食いの方は、上昇方向の状況がどこまで上がるかわからないため、上がってきたら少しずつ分割で利食っていくしかないと思っている。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商は注文方法が豊富!<<<<<
・成行注文 ・指値注文 ・ストリーミング注文 ・逆指値注文
基本的な4つの注文に加えて、多種多様な種類の注文組み合わせが可能♪
トレール注文、時間指定成行注文、クイック注文、決済pip差注文など。
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み