【FX突撃取材!】7月8日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年7月8日9時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】7月8日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■7月8日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

ジョンソン英首相がついに辞任を表明。不祥事が続き、閣僚や与党・保守党内の離反が相次ぐ中で、時間の問題とみられていたが、とうとう3年にわたった波乱の政権が幕を下ろした形。注目は後継レースに移行。保守党は再来週21日(木)までに候補者を2人に絞り込み、9月には新党首を決定する計画のようだが、明確な最有力候補はおらず、多くの党内実力者が機会をうかがっているといったところ。ポンドは、教科書どおり「buy the facts=噂で売って、事実で買う」で反発。ユーロ/英ポンドはさらに値を下げ(ユーロ売り、ポンド買い)、ユーロの重い展開は続く。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米国株は上昇。報道によれば、「米金融当局はリセッションを引き起こすことなくインフレを抑制できるとの楽観」から、S&Pは4日続伸したとの事。「米金融当局はリセッションを引き起こすことなくインフレを抑制できるとの楽観」がどういう点から生まれるのか いまひとつ理解できないが、S&Pは、1.5%上昇。同時に米10年債利回りは再び3.00%を回復。米金利上昇に呼応して、米ドル/円は136.00円レベルを回復。米ドル/円の押し目買い、ユーロ/スイスフランの戻り売りスタンス継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み