【FX突撃取材!】3月31日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2021年3月31日9時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】3月31日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■3月31日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

先週はトルコリラショックというマーケットの撹乱要因があったが、今週は金融機関のアルケゴス関連損失という報道が注目されている。まず、ビル・ファン氏は、ヘッジファンド界の伝説的存在であるジュリアン・ロバートソン氏のタイガー・マネジメントから分離独立したタイガー・アジア・マネジメントを運営していた人物。そして、アルケゴス・キャピタル・マネジメントは彼が運用するファンド。今年はじめのアルケゴスの資金は5000億円規模だったようだが、それを3倍にし個人資産は1.5兆円規模だったようだ。 しかし、現在ファン氏は、史上最大級のマージンコールの渦中にあり、ゴールドマンは2兆円規模、モルスタは1.3兆円規模のブロックトレードが執行された模様。 他には野村やクレディ・スイスが名を連ねる。そして金融機関のアルケゴス関連損失が当初の報道より拡大し、マーケットの撹乱要因となっているため、当面アルケゴス関連の報道には注目といったところ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

昨日30日(火)、米株は主要3指数が揃って下落し、注目の巨額ブロック取引の影響を受けた金融株は反発。10年債利回りは一時1.77%と、2020年1月以来の高水準にまで上昇。バイデン米政権が打ち出す追加経済対策の影響を見極めたいとのムードが拡大。米金利上昇に呼応し、総じてドルは上昇。米ドル/円は節目の110.00円を突破し、本日31日(水)9時現在110.33円で推移。本日31日(水)は期末。期末特有のフローが出て、乱高下する可能性があるため、そうした値動きに振り回されないように留意したいところ。 米ドル/円の目標値はまだ高く、押し目買い継続。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み