【FX突撃取材!】3月19日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略
【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2020年3月19日10時半時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■3月19日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

新型コロナウイルスの感染拡大を巡り市場が大混乱に陥る中、安全資産とされる円よりも基軸通貨のドルが強く選好されている。こうした中、米ドル/円は本日19日(木)の東京市場で一時109.00円台に上伸して月初来高値を更新した。米連邦準備制度理事会(FRB)は連日で大量の資金供給オペを実施。日銀や欧州中銀(ECB)など他の中銀も協調してドル資金の供給に動いており、ドル調達不安は一時より和らいでいるはずだ。それでもドル買いが収束しないのは、株や原油などのリスク資産の下落に加え、安全資産の金や米国債までもが売られるパニック商状が続いているためだろう。金融市場のパニックは新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない事には収まりそうにない。パニック的なドル高の流れも簡単には収束しないと見ておくべきだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

このところ、米国投資家が海外投資資金の引き上げに動いているためか、NY市場でドル高が進むケースが目立つ。米ドル/円は本日19日(木)中に110円に向けて続伸する可能性もありそうだ。一方で、ユーロ/米ドルはECBの緊急債券買入れプログラム(7500億ユーロ規模)の発動を受けて一時反発していたが早々に上げ幅を全て吐き出した。昨日18日(水)、35年ぶりの安値に沈んだ英ポンド/米ドルも反発力が弱い。こちらは続落を警戒すべきだろう。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>外為どっとコム×羊飼いのFXブログ特別タイアップキャンペーン実施中<<<<<
口座開設+初回入金と取引量に応じて最大10万2000円とマネ育特典で+6000円キャッシュバック!
スプレッドも全通貨ペアで業界最狭水準を提供!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3000円キャッシュバック
新規口座開設で最大11万1000円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み