【FX突撃取材!】6月13日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略
【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2019年6月13日10時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■6月13日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日12日(水)の米ドル/円は下値が堅かった。日本や中国の株価が弱含む中、108.20円台まで下落したが、その後の欧米市場では108円台半ばへと持ち直した。なお、昨日12日(水)に発表された米5月消費者物価指数は前年比の伸びが減速した。インフレ鈍化を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)による7月利下げの確率は、前日11日(火)の78.7%から86.3%に上昇(CMEのFEDウォッチ)している。それでも米ドル/円が下げ渋ったのは、欧州通貨安によるドル高の影響だろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

昨日12日(水)はトランプ米大統領が、独・露のガスパイプライン建設計画をけん制したためユーロ安・ドル高に振れた他、英議会が合意なき離脱の阻止を盛り込んだ動議を否決した事でポンド安・ドル高が進行した。ドルは、利下げ観測が強まる中で「逆行高」を演じた格好だ。高金利通貨であるドルの優位性は、1~2回程度の「予防的利下げ」では大きく揺らぐ事はないのかもしれない。本日13日(木)の米ドル/円は、突発的な材料がなければ、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を見据えて動きが鈍ると見られ、108円台での値固めの動きが続きそうだ。


<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します


>>>>>外為どっとコム×羊飼いのFXブログ特別タイアップキャンペーン実施中<<<<<
口座開設+初回入金と取引量に応じて最大10万2000円キャッシュバック!
スプレッドも全通貨ペアで業界最狭水準を提供!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3000円キャッシュバック
新規口座開設で最大10万5000円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み