【FX突撃取材!】1月25日(水曜日)■井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
井口喜雄 FX戦略

【FX突撃取材!企画】にトレイダーズ証券の為替ディーラー井口喜雄さんが参加!
井口喜雄さんは認定テクニカルアナリストで、1998年から金融機関でディーリング業務を行い、2009年からはトレイダーズ証券で同業務に従事。ファンダメンタルズとテクニカルの両方面での為替分析に精通しており、セミナーやマネー誌にも多数登場されています。
井口喜雄さんへの取材は、毎週・水曜日の昼過ぎに行い、当ブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>トレイダーズ証券の『みんなのFX』のスペック詳細はこちら



それでは、2023年1月25日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■1月25日(水)井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

日銀がYCC(イールド・カーブコントロール)維持を決めてから、米ドル/円の下値はサポートされているが、日銀人事を2月に控えて再びYCC撤廃シナリオを考えているプレイヤーも多いので、なかなか方向感が出せていない状況だ。一方、FRBもマーケットとのギャップは大きい。FRBボードメンバーからは「ターミナルレート5%超、年内利下げに否定的」なのに対して、マーケットが織り込む「ターミナルレート5%届かず、年末にかけて利下げ」のシナリオにはギャップがある。日銀とFRBで不透明要素が多いことが米ドル/円のボラティリティを高めている要因だろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

目先は米国の経済指標に集中したい。とりわけ今週は明日26日(木)の米GDPと、明後日27日(金)のPCEデフレーターについては反応が良さそうだ。特に米国のインフレ率を表すPCEデフレーターについては、2週間前に発表された米CPIがほぼ市場予想通りのインフレ鈍化具合だった分、事前予想から外れる場合は、飛距離の大きな値動きになるかもしれない。米ドル/円は方向感に乏しいが、短期目線であればボラティリティ自体は十分あるので、上も下もストップを巻き込みながらそれなりには走ってはくれそうだ。

直近の為替相場の注目点や分析はみんなのFXなどでも配信中


<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>>> 口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中 <<<<<
みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できる!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+5千円GET可。
新規口座開設で最大40万5千円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み