【FXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!】松島修さん(その4)性格タイプと投資スタイル

カテゴリ:FXで稼ぐ方法は勝者に訊け![FXライター高城による個人トレーダー取材]
高城泰FX

ガチンコFXの人気コンテンツFXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!が羊飼いに移植!
毎週金曜日にお届けします!!




今週は、松島修さんについて最終回です。

松島修さん(その1)3億円事件、不動産、FX
松島修さん(その2)「欲と恐怖」の大衆心理
松島修さん(その3)FXメルマガのパイオニア
松島修さん(その4)性格タイプと投資スタイル

聖書に隠された投資法則

FXメルマガのプロデュースや投資、トレードの啓蒙のほか、松島修さんにはもうひとつのライフワークがある。

「聖書を現代に応用することです。私は今も昔も形式的で思考停止した『宗教的なもの』が嫌いで聖書についても、もともとはその嘘を暴こうと思って読み始めました。ところが聖書にはたしかに真理が書いてある。その本質を伝えたいと思いました」

聖書から時代や相場の転換点も読み取ることができるという。

「聖書では40という数字が度々出てきます。1967年6月7日はイスラエルがエルサレムを2000年ぶりに奪還した日ですが、それから40年後の2007年6月7日には激動が始まるだろうと予測していました。まさしく米金利がピークをつけてリーマンショックへと至る信用収縮が始まったのです」

信用スコア社会で高まる拝金主義

いぶかしく感じる人もいるだろうが、松島さんは聖書だけでなく世界経済の事象と合わせながら判断していく。

「相場の分岐点はどこかと判断する助けとなりますし、『ここが分岐点だろう』と確信した場面は的中してきました」

そんな松島さんが危惧するのは拝金主義の台頭だ。

「時代は今、信用スコア社会へと向かっています。自分の信用スコアがシステム的にはじき出され住宅ローン金利や就職、転職、賃貸住宅の入居審査などに使われていく社会です」

働く動機は本来なら社会をよくしたいと願う使命感だったり、自分に合った仕事にするはず。それが、『信用スコアが高い職業に就こう』と考えるようになれば本末転倒だ。

「自分の『使命』を考えて生きていかないと、『スコアの奴隷』となりかねないのです。こうした社会で使命の役割はますます大きくなっていきます。使命とは、自分の性格。役割、能力など与えられたものを開花させること。使命の反対が目先の利益だけを追う拝金主義です」

自分の性格に向いた投資スタイル診断

性格タイプ別に使命や投資スタイルが違うと話す松島さん。自分の使命は何なのか、どんな投資スタイルが向いているのかを簡単に診断できるウェブサイト「性格ドットコム」も松島さんは用意している。

「聖書には4つの顔を持った天使が登場し、性格も人、獅子、鷲、雄牛の4つに分かれます。私は高い視点、中長期投資が向いている鷲タイプだし、竹内のりひろさんは目的志向でチャートやファンダメンタルの分析に長けた雄牛タイプ。マーフィー(柾木利彦)さんは探究心が旺盛な人タイプで、西原宏一さんは柔軟でどんなスタイルにも適応できる獅子タイプと人タイプの混合ですね」

性格タイプ別に投資や仕事で失敗するパターンも分かるので参考にするのもよさそう。ぜひお試しを。

松島修さんのコラムは全4回となっています。
松島修さん(その1)3億円事件、不動産、FX
松島修さん(その2)「欲と恐怖」の大衆心理
松島修さん(その3)FXメルマガのパイオニア<
松島修さん(その4)性格タイプと投資スタイル

【プロフィール】
松島修さん
エフピーネット代表取締役。ファイナンシャル・プランナーの草分けとして1990年から活躍。株、為替、コモディティなど市場を問わず長期トレンドに従って取引する。2006年より自身のメルマガ『イーグルフライ』を発刊。西原宏一さん、マーフィー(柾木利彦)さん、竹内のりひろさんなどを見出し、それぞれのFXメルマガもエフピーネットで刊行する。マネーリテラシー育成メディア「リアルインテリジェンス」の運営も。

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み