【FX突撃取材!】11月22日(火曜日)■志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

志摩力男 FX戦略

羊飼いが実際に購読している有料メルマガの1つ、志摩力男のグローバルFXトレード
その志摩力男さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました。※取材は電話にて実施
毎週・火曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら



それでは、2022年11月22日14時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■11月22日(火)志摩力男氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

先日のPPIのあと米ドル/円は下落し、137.65円付近まで突っ込んだ。しかし、その後の急反発で下ヒゲの長いローソク足となっており、そこで一旦の底入れは確認したのだと思う。昨日21日(月)、米ドル/円はレジスタンスであった140.80円を突破したため、比較的強い上げとなったが、マーケットがやはりショートだったのだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

直近高値の151.95円をつけたあと急落した米ドル/円だが、天井をつけてこのまま下落トレンドに入ると考えている人もいるし、もみ合い局面の後、円安相場に戻ると考えている人もいる。しかしおそらく、天井を見たと思っている人のほうが多いのではないだろうか。来年2023年、どこかで米国の利上げは止まるので、日銀の政策変更なしでもまた円高に向かうと思っている人がかなりいる。しかしながらその考えは少し甘いのではないだろうか。なぜなら今回の急落は介入の影響が大きいと思っているからだ。9兆円のドル売りの効果は10円以上の調整に繋がったと思う。ただしその効果は時間の経過とともになくなる。そのため、しばらくすると再び150円方向を目指すのではないかと考えている。つまり、137.65円で底入れし、また円安方向に行くと今は考えている。そしてまた最高値を更新し、次は155円を目指す展開を想定している。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン[志摩力男のグローバルFXトレード]の詳細はこちら


>>>>>志摩力男さんのFXプレミアムビデオスクール<<<<<
志摩力男さんがFXプレミアムビデオスクールを開講したようです!
トレードの実践に役立つ情報やプロだけが見ている情報を切り取って提供。
テクニカル分析&ファンダメンタルズ分析を理解し、
FX取引結果を向上させる技術と知識の習得を目指すスクールとの事。

>>>志摩力男さんの[FXプレミアムビデオスクール]の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み