【FX突撃取材!】9月22日(木曜日)■神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

神田卓也 FX戦略

【FX突撃取材!企画】に外為どっとコムのセミナーでお馴染み神田卓也さんが参加!
神田卓也さんは、外為どっとコム総合研究所の取締役調査部長上席研究員。外為どっとコム総合研究所のレポートや、動画、ツイッターで有益な為替情報を配信されています。
その神田卓也さんから、毎週木曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!
毎週・木曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2022年9月22日11時時点に神田卓也さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■9月22日(木)神田卓也氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

本日22日(木)日本時間未明はFOMCが3会合連続となる75bpの大幅利上げを決めた上に、当面は積極的な引締めを継続する方針を示した。パウエルFRB議長が、引き締めによる経済的な「痛み」は避けられないとの認識を示したこともあり米長期金利が低下に転じると米ドル/円も一時失速したが143円台の下値は堅く、本日22日(木)朝にかけて144円台を回復している。

現在の為替相場の戦略やスタンス

市場がFOMCの決定内容を消化するにはしばらく時間がかかると見られるが、ひとまず関心は本日22日(木)の日銀金融政策決定会合に移りそうだ。海外勢の一部には日銀が金融緩和の修正に動くとの思惑もくすぶっているが、日銀はFRBとは対照的にインフレ抑制よりも景気支援に重心を置いたハト派スタンスを維持する可能性が高い。なお、黒田日銀総裁の会見中にはスイス中銀(SNB)が利上げを発表する見通しで、主要先進国のうちマイナス金利政策を採るのはついに日本だけとなる公算が大きい。こうした金融政策の格差を背景に円が一段と下落する可能性は小さくないと見ている。米ドル/円は強い上値抵抗の145.00円を超えられるかが見どころとなりそうだ。これまで2度も144.90円台で上値を抑えられるなど抵抗力が強いだけに、もし145.00円を突破できれば1998年高値の147.66円前後に向けて上昇に弾みが付くだろう。一方で、今回も突破できないようならチャート上に「ミニトリプルトップ」が出現する可能性が高まり、一時的に調整ムードが広がることも考えられる。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>>>質疑応答あり!10/7米雇用統計特別企画オンラインセミナー<<<<<
10月7日(金)21時00分開始!(22時10分まで)
今回は、大手邦銀で永くチーフディーラーを務めた今井雅人氏がオンラインで参加。 「行き過ぎた」ドル高・円安は市場に何をもたらす!?2022年のFOMCは残すところ2回となったが、10月以降の利上げペースは果たしてどうなるのか、また為替相場の現状と予測についても、「今井節」で徹底解説!
FX初心者にも分かりやすくお話しするので、米雇用統計がはじめての方もオススメです。
※Amazonギフト券のプレゼントもご用意!参加は無料!
質疑応答あり!10/7米雇用統計特別企画オンラインセミナーの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み