【FX突撃取材!】5月16日(月曜日)■竹内のりひろ氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

竹内のりひろ FX戦略

竹内のりひろさんは、元外銀チーフディーラーとして、20年間相場に携わってきた経験を生かした独自の相場展望を持ち、欧州事情にも精通しています。
有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】も好評で、最近頻繁に金融系のメディアに出演されています。
そんな竹内のりひろさんに週初の戦略も聞きたいっ!と言うことでお願いしました。
>>>竹内のりひろさんの有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】の詳細はこちら



それでは、2022年5月16日8時時点に竹内のりひろさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■5月16日(月)竹内のりひろ氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

先週1週間の主要通貨の対ドルでの騰落は、上昇通貨は円(+0.96%)のみだった。それ以外の通貨は全て下落に転じており、円がパフォーマンスで全ての通貨に勝り、結果、クロス円が下落している。ナスダックが史上最高値から瞬間風速で約-30%の下落と、資金流失が続く。米ドル/円は週足では10週ぶりに陰線となり、一時の円売りの勢いは失せている。

現在の為替相場の戦略やスタンス

このところのクロス円の下落だが、オセアニア通貨の下落が突出しており、中国景気の減速も1つの理由だ。こうした点では、本日16日(月)、この後に発表される中国の小売売上高などの結果が重要だが、ロックダウン(都市封鎖)の影響から大幅鈍化傾向を示すだろう。20日(金)には日本の4月のCPI(消費者物価指数)の発表が予定されているが、携帯電話料金の値下げの効果のはく落から、かねてから日銀が悲願とする+2.0%に到達することが予想されている。たった1回の結果で金融政策が転換することはないが、緩和修正の思惑が台頭する可能性はある。総じて円売りのモメンタムは失せており、米ドル/円は戻り売りとしておく。ボラティリティからの予想レンジは、米ドル/円で127.00~131.00円、ユーロ/米ドルで1.0240~1.0500ドル、ユーロ/円で132.00~136.50円とみている。


節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

<ユーロ/米ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足チャート
※クリックで拡大します

<ユーロ/円 日足チャート>
ユーロ/円日足チャート
※クリックで拡大します


>>>竹内のりひろさんの有料メルマガ&掲示板【SmartLogicFX】の詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み