【FX突撃取材!】5月20日(金曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
西原宏一 FX戦略

羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2022年5月20日8時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】5月20日(金)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■5月20日(金)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

本日20日(金)早朝発表された日本の4月コアCPIは2.1%上昇しており、日銀の目標水準についに到達。これは13年半ぶりの高水準。ただ黒田東彦総裁は先週13日(金)の講演で、現在の金融緩和を縮小することは適当ではないとの考えを改めて表明しており、この意味においての米ドル/円の急落リスクは減ったともいえる。ただ米ドル/円を牽引しているのは、米10年債利回り。昨日19日(木)のNY市場では一時2.7702%まで急落。呼応して米ドル/円も一時127.03円まで急落している。ただ最終的には10年債利回りは2.8370%に反発してNY市場を終えており、米ドル/円も127.79円で終了。昨日19日(木)のように米10年債利回りが2.800%割れて、米ドル/円が127.00円台前半に急落したレベルから、米ドル/円は底堅くなりそう。当面127~130円のレンジだろうか。

現在の為替相場の戦略やスタンス

注目はユーロ/米ドル。今週、欧州当局者から立て続けにECBの利上げに関するコメントと、ユーロ安に対する懸念がでて、ユーロ/米ドルが底堅くなっている。一方米ドル/スイスも大きく値を崩しており、今週は主要通貨に対してドル全面安の展開。今週、米国株が一時急落したことで、「ドル高、円高」のイメージが強いのだが、総じてドル安になっていることに注目している。スタンスとしては、ユーロ/米ドルの押し目買いで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<ユーロ/ドル 日足チャート>
ユーロ/米ドル日足チャート
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み